nanacoカードの裏面を見ると、英字の「Q」みたいなマークで、下に「QUICPay」と記載があると思います。(読みはクイックペイです。)

これ何?って疑問が出る事があると思いますが、これは、対応クレジットカードを作成して、利用申請をして紐付けすれば使える様になる「電子マネー」です。

nanacoも電子マネーです。

なので、nanacoカードについてるクイックペイが使える様になったならば、電子マネー「nanaco」、と、電子マネー「クイックペイ」の2つが、nanacoカード一枚で使える状態になります。

nanacoカードのクイックペイの事を「QUICPay(nanaco)」と言います。

クイックペイってどんなの?

クイックペイはチャージ作業がない(後払い方式の)電子マネーで、キャッシュレス決済の内の一つです。

「チャージが必要ないSuica(交通系電子マネー)」、「チャージが必要ないnanaco」みたいな物です。

SuicaがSuica対応店舗で使え、nanacoがnanaco対応店舗で使える様に、クイックペイはクイックペイ対応店舗で使えます。

iPhone等の決済手段「Applepay」は、クレカ会社によってはクイックペイで使う物なので、クイックペイ対応店舗は結構増えてきてます。

iPhoneユーザーが多い日本なので。

Applepayに対応する(≒クイックペイに対応する)とお店に来てくれる機会が多くなる可能性があるため。

クイックペイは、日本のコンビニのほとんどやスーパー、ガソリンスタンド等々、いろいろな所で使えます。

一グループ企業で使えるという電子マネーではなく、クイックペイはJCB主導の電子マネーなので使える所は多ジャンルに渡ります。

チャージないのにどうやって使うの?

チャージないのにどうやって使うの?って疑問が出るかも知れませんが、「クイックペイ」は先に利用して後でまとめて(月1で)銀行口座から引き落とされるっていう、クレジットカードと同じ支払いサイクルで使う電子マネーです。

引き落とされる銀行口座は、作成したQUICPay対応クレジットカードで引き落とし口座に指定した銀行口座です。

「クレジットカードの利用分」と「クイックペイの利用分」は、一緒くたになってまとめて引き落とされます。

クイックペイを利用する事にした場合に作る事になる「QUICPay(nanaco)対応クレジットカード」は普通のクレジットカード払いでもちゃんと使える、普通のクレジットカードです。

nanacoカードのクイックペイを使える様にする手順

nanacoカードのクイックペイを使える様にする手順は以下です。
(nanacoカードが必要なので持っていない場合にはセブン-イレブン等で入手して下さい。)

  1. 「QUICPay(nanaco)」対応のクレジットカードのどれかを作成する(JCBのカード等。)
  2. 「MyJCB」や「そのクレカのマイページ的な物」からQUICPay(nanaco)の利用申請をして紐付ける

これでnanacoカードで「クイックペイ払い」が使える様になります。

私は「JCB CARD W」でnanacoカードのクイックペイを使ってます。

セブン-イレブンで約2.5%+対象商品のnanacoボーナスポイントが可能なクレカです。

ちなみに、QUICPay(nanaco)払いではセブン-イレブンのアプリのバッジは自動では貯まりません。スマホでバーコードを提示すれば貯まります。

支払い方

クイックペイの支払い方は、Suica等交通系電子マネーやnanacoと同じです。

nanacoカードのクイックペイを使える様にした後の使い方(買い物の仕方)は以下です。

Suica nanacoカードのクイックペイ nanaco
スイカで。と伝える クイックペイで。と伝える ナナコで。と伝える
Suicaカードを自分で読み取り機にかざす nanacoカードを自分で読み取り機にかざす nanacoカードを自分で読み取り機にかざす
ピッって鳴る クイックペイ♪と鳴る ヒュヒョヒョ~ン♪と鳴る
(公式サイトでは決済音は「ピュリーン♪」みたいです。)
支払い完了 支払い完了 支払い完了

関連:クイックペイのセブン-イレブン等コンビニでの使い方

nanacoカードで「ナナコで。」と伝えて払えば、nanacoで払う事になり、チャージしてあるnanacoが減ります。
(クレカ利用にはならない)

同じnanacoカードで「クイックペイで」と伝えて払えば、クイックペイで払い、利用額は後にクレカと合算請求です。
(nanacoの残高は減らない)

クイックペイはクレカのポイントが付く

クイックペイは作成したクレカの還元率でクレカのポイントがつきます。

1%なら1%。

支払い方こそ違いますが、クイックペイとクレカの内容は大体同じ、と考えてOKです。

違いもあるにはありますが。

セブン-イレブンではよりお得

QUICPay(nanaco)は、セブン-イレブンではよりお得にクイックペイが使えるクイックペイのタイプです。

nanacoカードについてるクイックペイを使用してセブン-イレブンで買い物すると、クイックペイの(クレカの)ポイントがつき、更にnanacoポイントもつきます。

税抜き200円ごとに1nanacoポイント。

更に、nanacoボーナスポイント対象商品ならば、ボーナスポイントもつきます。

nanacoを使ったわけではなく、クイックペイ払いをしただけなのにnanacoポイントも貯まるのでよりお得です。

nanacoポイントは、毎月5日朝6時以降に残高確認(セブン銀行のATMでもできます。)orチャージした時に付与されます。

という事で、nanacoカードについてるクイックペイの使い方についてでした。

後払い式の電子マネーを初めて使う場合は、違和感が出て来るかも知れませんが、一度使えばすぐ慣れると思います。

残高を気にする事なく使えてチャージがずっとない、のは便利です。

QUICPay(nanaco)に対応したクレジットカードには以下の様な物があります。

クレジットカード 選び所
JCB CARD W/plus L QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約2.5%+ボーナスポイント/基本ポイント二倍/年会費無料/特約店アリ
セブンカード・プラス QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約1.5%+ボーナスポイント/nanacoチャージで0.5%/クレカ払いでもセブン-イレブンで計1.5%+ボーナスポイント
イトーヨーカドーでもクレカ払いでボーナスポイント付与/利用状況でゴールドカードへの招待(国内ショッピングガード保険、券面ゴールド)
JCB一般カード QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約2%+ボーナスポイント/オンライン口座設定で最短即日発行/メジャーなクレカ
海外・国内保険利用付帯/ショッピングガード保険/特約店アリ
リクルートカード ※国際ブランドがJCBの物のみQUICPay(nanaco)可能
QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約1.7%+ボーナスポイント/nanacoチャージで1.2%
電子マネーのチャージは月3万円まで/貯まるのはリクルートポイント

また、上記の様なクレカで、ナナコカードのクイックペイを利用可能にしても、nanacoはそのままそのナナコカードで使えますし、他のクレカを登録してのnanacoのクレジットチャージもちゃんと可能です。

という事で、nanacoカードのクイックペイの使い方についてでした。

私は、「JCB CARD W」で使ってます。

スポンサーリンク