セブン-イレブンがメインのコンビニの場合は、キーホルダー型の「ANA QUICPay+nanaco」と別カード型の「QUICPay(nanaco)」だと、クイックペイを使う時にポイント還元率の面でメリットがあります。

「ANA QUICPay+nanaco」と「QUICPay(nanaco)」の二つは、セブン-イレブンでの買い物に限り、ですが、クイックペイ払いの時にも、nanacoポイントも貯まります。
(税抜200円で1nanacoポイント)

クレカのポイント(クイックペイ払いの額へのポイント)とは別につきます。

更にnanacoボーナスポイントもちゃんと付与されます。

クイックペイ払いなのに。

なので、セブン-イレブンがメインのコンビニの場合は、この二つのタイプに対応したクレカを作成するのがおすすめです。

私はQUICPay(nanaco)はJCB CARD Wで利用申請して使ってます。

セブン-イレブンで「2%+約0.5%+nanacoボーナスポイント」の還元のカードです。

JCB CARD Wはこちら

ANA QUICPay+nanacoはANA JCBカードのいずれかを作成すると使えます。

スポンサーリンク

nanacoボーナスポイントがでかい

nanacoボーナスポイントは、セブン-イレブンやイトーヨーカドー等で対象商品を購入すると付与される、nanacoポイントの特別加算の事です。

上述した二つのクイックペイのタイプ(「ANA QUICPay+nanaco」と「QUICPay(nanaco)」)は、セブン-イレブンでの買い物ではnanacoボーナスポイントがつきます。

これがでかいです。

一気にセブン-イレブンでの還元額が大きくなるので。

ちなみに、イトーヨーカドーではクイックペイ払いではつきません。イトーヨーカドーではnanacoでの全額決済の時、もしくは、「セブンカード・プラス」でのクレジット払いのみ付きます。(セブンカード・プラスはセブン-イレブンやヨークマートでもクレカ払いでボーナスポイントが付くカードです。)

参考:セブンカード・プラスはイトーヨーカドーでクレカ払いなのにnanacoボーナスポイントが付くのがメリット

ボーナスポイントの対象商品は、セブン-イレブンのHPでも確認できますし、セブン-イレブンやイトーヨーカドーの店頭でも(商品棚でも)確認できます。

対象商品の金額表示の部分に、nanacoのキリンのマークがあって「〇P」と記載されているので。
(10nanacoポイントなら「10P」と記載されています。)

対象商品は割とあります。めったに買わない様な物だけじゃなく。

ペットボトル飲料だったり、缶コーヒーだったり。

今度セブン-イレブンに行ったらちょっと注意して見てみて下さい。

nanacoボーナスポイントは、nanaco払いの時やセブンカード・プラスのクレカ払いの時等にも付与されるポイントです。

で、上述した様に、ANA QUICPay+nanaco又はQUICPay(nanaco)ならば、セブン-イレブンでの買い物に限り、クイックペイ払いでも付与される様になってます。

「セブン-イレブンでのQUICPay(nanaco)のクイックペイ払い」の還元の例

例として、「還元率が0.5%、セブン-イレブンが特約店で3倍(QUICPay払いも倍率UPの対象)、のクレジットカード」を作成し、QUICPay(nanaco)で使う様にした場合、のセブン-イレブンでの買い物の還元率について記載します。

このクレジットカードでは、セブン-イレブンでのQUICPay(nanaco)のクイックペイ払いの時に、

  • 1.5%(特約店分含むクレカ分のポイント。0.5%×3倍)
  • 約0.5%(QUICPay(nanaco)でのクイックペイ払いによるnanacoポイントの付与分)

の二つがつき、計約2%の還元率で買い物できます。

この「計約2%」に加えて、nanacoボーナスポイントの対象商品ならば、ボーナスポイントもちゃんとつきます。

クイックペイで払っているのに。

nanacoボーナスポイントが10nanacoポイントの商品を買ったならばその10nanacoポイントが付与されます。

MAX的な還元での例

飲み物129円でnanacoボーナスポイント10Pってのは結構長い事やってる&割と商品ある、ので、仮にこれを二本買った場合で還元の例を記載します。

この買い物では、129円+129円=258円の支払いがあります。

で、上記のクレカでのQUICPay(nanaco)のクイックペイ払いだと以下の様に還元があります。

クレカの特約店倍率含む還元で「3ポイント」ゲット
税抜200円を超えてるので「1nanacoポイント」ゲット
ボーナスポイントで「20nanacoポイント」ゲット

合計約24ポイントゲット
(クレカの3ポイントと21nanacoポイント)

258円の買い物で24ポイントは還元率的には約9.3%です。

≒全く同じ買い物を続けるならば、11回に一回タダみたいな状態。

メインのコンビニがセブン-イレブンの方なら、月に15日~20日程度は行く事もあると思うので、二か月に3、4回は無料みたいな還元率です。

この還元率になるのはセブン-イレブンだけですが。

「セブン&アイホールディングス」ではなく、「セブン-イレブンだけ」です。

上述した内容は、ANA QUICPay+nanacoでも同様です。

なので、メインのコンビニがセブン-イレブンの人は、QUICPay(nanaco)やANA QUICPay+nanaco対応のクレジットカードはかなり濃厚な作成候補です。

上記の皮算用の注意点

上記の皮算用の注意点としては、

  • ボーナスポイントがつく商品は限られている
  • 200円を超えないならばnanacoポイントはつかない
    (1~199円税抜は常に破棄。X01円~“X+1”99円は常に破棄です。)

という部分です。

なので、上記の皮算用はMAX的な還元の場合、と考えてください。

更に、しつこいですが「セブン-イレブンでの買い物に限り」です。

その他のお店でもちゃんとクイックペイ払いできる

QUICPay(nanaco)やANA QUICPay+nanacoは、他のお店(ガソリンスタンド等)でもちゃんと、電子マネー「クイックペイ」として利用できます。

この場合は、クレカ分だけのポイント還元率での利用です。(nanacoポイントは付かない)

nanacoポイントは残高確認をすると加算される

上記の様に貯めたnanacoポイントは毎月15日締め、翌月5日朝6時以降のチャージ・または残高確認時に加算されます。

  • 10/16~11/15分は12/5日以降
  • 11/16~12/15分は1/5日以降

のnanacoチャージ時、又は、nanaco残高確認時、に付与されます。


残高確認は、セブン-イレブンのATMでnanacoカードをタッチ、等でできます。

セブン-イレブンが特約店でANA QUICPay+nanaco又はQUICPay(nanaco)が使えるカード

セブン-イレブンが特約店でANA QUICPay+nanaco又はQUICPay(nanaco)が使えるカードには以下の様な物があります。

ANA QUICPay+nanaco対応

  • ANA JCBワイドゴールドカード セブン-イレブンは200円で1マイルをプラス(クレカ利用分のポイントとは別に更にプラス)
  • ANA JCB一般カード セブン-イレブン200円で1マイルをプラス(クレカ利用分のポイントとは別に更にプラス)、等

ANA JCBカードはこちら

QUICPay(nanaco)対応

  • JCB CARD W/plus L セブン-イレブンは3倍
  • JCBプラチナ セブン-イレブンは3倍
  • JCBゴールド セブン-イレブンは3倍
  • JCB GOLD EXTAGE セブン-イレブンは3倍
  • セディナゴールドカード セブン-イレブンは3倍
  • セディナカードクラシック セブン-イレブンは3倍
  • セディナカード セブン-イレブンは3倍
  • JCB一般カード セブン-イレブンは3倍
  • JCB CARD EXTAGE セブン-イレブンは3倍

関連:My JCBからのQUICPay(nanaco)の利用登録の申し込みの仕方


これらのカードはセブン-イレブンでQUICPay払いをした時でもちゃんとポイントの倍率アップの対象です。

=「セブン-イレブンでは」クレカ払いでなく、クイックペイ払いでOK。

で、ANA QUICPay+nanaco又はQUICPay(nanaco)でのクイックペイ利用なので、クイックペイ払いだけど、nanacoポイントもついてます。

更に、nanacoボーナスポイントが付く商品を購入しているならそれも付いてます。

とりあえず、セブン-イレブンで買い物する時は、上記のカードで申請した「ANA QUICPay+nanaco又はQUICPay(nanaco)を使って、クイックペイ払い」、がお得です。
(セブンカード・プラス以外。セブンカード・プラスはクレジット払いでそのままボーナスポイントが付くので。)

特約店は特約店でも、セブン-イレブン以外の店舗でクイックペイ払いをした時は大概は倍率UPの対象外です。
(中には対象の店舗もありますが、大概は対象外です。)

なので、上記のクレカのその他の特約店ではクレカ払いにした方が良いです。

特約店ではない普通のクイックペイ対応店舗ならば、クレカ払いでもクイックペイ払いでも同じです。

なので、クイックペイ払いでOKです。支払いが楽、という意味で。

スピードパスプラスもキーホルダータイプ

クイックペイには色んなタイプがありますが、キーホルダータイプでクイックペイが使える物には、ANA QUICPay+nanaco以外に「スピードパスプラス」もあります。

これはセブン-イレブンでのクイックペイ払いの時は、nanacoポイント(ボーナスポイント含む)はつかないので注意して下さい。

セブン-イレブンでのクイックペイ払いだけで考えるならば、ANA QUICPay+nanacoやQUICPay(nanaco)の方がお得に使いやすいです。

ただ、形的には違ったメリットがあるので、クイックペイをより楽に使いたい、ならばスピードパスプラスもある、という感じです。
(対応クレカ)

※追記:スピードパスプラスは2019年6月30日をもって新規申込・再発行が終了となりました。

上述してきた様に、ANA QUICPay+nanacoとQUICPay(nanaco)はセブン-イレブンでは、クイックペイ払いでクレカのポイントも付与されますし、nanacoポイント(nanacoボーナスポイント含む)もつきます。

という事で、セブン-イレブンがメインのコンビニという方は、対応クレジットカードを作成して、ANA QUICPay+nanacoかQUICPay(nanaco)を使っていくとお得に買い物できます。

QUICPay(nanaco)対応の主なクレジットカードは以下です。

クレジットカード 選び所
JCB CARD W/plus L QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約2.5%+ボーナスポイント/基本ポイント二倍/年会費無料/特約店アリ
JCB一般カード QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約2%+ボーナスポイント/オンライン口座設定で最短即日発行/メジャーなクレカ
海外・国内保険利用付帯/ショッピングガード保険/特約店アリ
リクルートカード ※国際ブランドがJCBの物のみQUICPay(nanaco)可能
QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約1.7%+ボーナスポイント/nanacoチャージで1.2%
電子マネーのチャージは月3万円まで/貯まるのはリクルートポイント

私はJCB CARD WでQUCIPay(nanaco)を使ってます。

申込やカードの基本情報・キャンペーンの有無については「 JCB CARD W 」のページへ。

ANA QUICPay+nanaco対応の主なクレジットカードは以下です。

ANA JCBカードの種類(額は年会費です。)

・ANA JCBワイドゴールドカード:14000円
・ANA JCB一般カード:2000円※初年度無料
・ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB):2000円※初年度無料

申込やカードの公式情報・ANA QUICPay+nanaco等については
ANA JCBカード 」のページへ。


また、クイックペイnanacoを使える様にしたからと言って、ナナコカードのnanacoが使えなくなるわけではありません。

「クイックペイ」と「nanaco」のダブル搭載になるだけです。

ちゃんとnanaco払いできますし、nanacoをクレジットチャージして使うという事もちゃんとできます。

スポンサーリンク