オリコカードザポイントのゴールドをガソリンスタンドで使う時についての記事です。

オリコカードザポイントのゴールドは、クレジットカード利用でガソリンを入れる事もできますし、iDやクイックペイでもガソリンを入れれます。

スポンサーリンク

ガソリンスタンドでの支払い方によるポイントの違い

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、ガソリンスタンドでの支払い方法によってポイント還元率に違いが出ます。

普通の「クレジットカード利用での支払い」では、ポイント還元率は1%での利用です。

セルフじゃない所なら、給油終了後に店員さんにオリコカードザポイントプレミアムゴールドを渡し、店内でクレカ払いの処理をしてもらって、戻って来たらサインして支払う、ってやり方の方です。

セルフスタンドでも、支払い方法選択時に「クレジットカード」を選んでカード挿入機に通して支払うパターンは1%の還元での利用です。

もう一つの支払い方は、オリコカードザポイントプレミアムゴールドに付いている電子マネー「iD」又は「QUICPay」で支払うパターンです。

こっちの支払い方だとポイント還元率は1.5%です。

ただ、こっちは基本セルフスタンドのみ、です。

更に同じ系列のセルフのガソリンスタンドでも、使える所とそうでない所があります。

iD・QUICPayが使えるガソリンスタンド

iD・QUICPayが使えるガソリンスタンドは以下の系列のセルフスタンドの一部です。

iDが使える
ガソリンスタンド
QUICPayが使える
ガソリンスタンド
エネオス エネオス
昭和シェル石油
エッソ・モービル・ゼネラル エッソ・モービル・ゼネラル

その他のポイントカードは別でポイント付与できる

私はガソリンを入れる時はENEOSを使う事が多いのですが、ENEOSは一部の店でiDとQuicpayどちらも使えます。

で、近場で使える所を調べたら対応店舗があったので、オリコカードザポイントプレミアムゴールドを作ってからは、ENEOSでiDかQuicpayで払って給油してます。

どっちを使うかはその時の2つのキャンペーン状況で決めてます。

で、「Tポイントカード」も持っているのですが、ガソリン入れる時にはTポイントも貯めてます。

ENEOSは店によってTポイント2倍・3倍とか、のぼりが出てるのでできるだけその時にやったりで。

で、オリコカードを利用して貯まったポイントもTポイントに交換できるので、それでTポイントに集約して、【SBIネオモバイル証券】での株の買付に使ってます。

ガソリンスタンドでのiD・Quicpayでの支払い方

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDを作って、iDやQuicpayをガソリンスタンドで使おうと思っても、どう使うかの概要が分からないと、せっかく興味出たのにカード作成を躊躇しちゃう事があると思うので、ガソリンスタンドでの支払い方を記載します。

例として、上述した、「ENEOSのセルフスタンドで、Tポイントも貯めて、iD(又はQuicpay)で支払う時の流れ」を記載します。

まず、近場でiD又はQuicpay払いに対応したENEOSを探します。

これはENEOSのHPで確認できます。

「iD」や「Quicpay」のマークがある店舗です。

調べた結果、近場に対応店舗があったとして、ガソリンスタンドに着き、給油開始前の支払い方法の選択画面までいったとします。

支払い方法の選択画面の、現金・クレジットカード等々が書いてある画面に「電子マネー」があります。

「電子マネー」をタッチ

そこのガソリンスタンドで対応している電子マネーが出て来ます。

楽天Edy等。

その中に「iD」や「Quicpay」があるので、どちらかをタッチします。
(どっちにするかはその時のそれぞれのキャンペーンで。)

そうすると、「タッチして下さい。」という音声が流れます。

と同時に、読み取り機械が点滅します。

点滅したら、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD「自体を」読み取り機械にかざします。

Suicaの様に。

Suicaで払う時の「Suicaカード」が、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD自体」になるって認識でOKです。このクレジットカードでのiDやQuicpay払いの時には。

ノーマルの「Orico Card THE POINT」を作成する場合も同様で、「Orico Card THE POINT自体」を読み取り機にかざして支払います。

ちなみに、財布の外側や薄い財布ならオリコカードザポイントプレミアムゴールドを財布の中に入れたままでも反応します。

私は、ガソリン入れる時は、財布に入れたままタッチしてます。ただ、ENEOSの場合はTポイントカード出すので結局財布を開く事になりますが。

クレカを読み取り機にかざすと、ちゃんと反応した事で音が鳴ります。

その次に、「Tポイントカードを入れて下さい。」と出て来ます。

そこでTポイントカードをカード挿入機に通します。

そしたら、後は、普通の給油と同じ流れです。

レギュラーだったらレギュラーの赤のあれを持って、給油し、給油が終わってあれを元に戻したら、レシートが出て来ます。

これで終了です。

この状態で、iD又はQuicpayの自分が選んだ方でのガソリン代の支払いになり、Tポイントも貯まってます。

レシートには「クレカ番号」は出ない

ガソリンを入れ終わった後に出て来る、レシートには「クレジットカード番号」は印字されません

iD又はQuicpayの電子マネー払いで印字されるのは、それぞれの「iDの番号」・「Quicpayの番号」です。

で、それの下4桁です。

iDの番号とQuicpayの番号はクレジットカード番号とは違います。

この2つの番号は、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの裏面に記載されているのですが、その番号の下4桁のみがレシートに載り、クレカ番号は下4桁すら載らないのでより安心して使えます。

iDやQuicpayは後払いの電子マネー

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDに搭載されているiDとQuicpayは、後払い式の電子マネーです。

クレジットカード利用の請求と合わせての引き落とし。

なので、「チャージ」っていう作業が発生しない電子マネーです。

ガソリン入れる時に、残高足りないから使えないってなったり、現金降ろしにいってチャージしないとならないって事が起きないです。

なので、「あっガソリン入れないと。」ってなった時に、すぐそのまま電子マネーで入れれます。

特に、ガソリン代はある程度の額になるので、「手持ちの現金が減っちゃう可能性のあるチャージ作業がない」ので、かなり使いやすい電子マネーです。

ちなみに、ENEOSではOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコのクレジットカード)は提携カードなので、リッター当たりのガソリン価格は一般提携カードの値段です。

で、オリコカードザポイントのゴールドは電子マネー払いだと1.5%のポイント還元率です。

で、上記の例だとTポイントがノーマルの日だと0.5%付与、2倍で1%、・・・と付きます。

また、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDもOrico Card THE POINTも、EneKeyに登録できるクレジットカードです。(Tカードも登録可能)

ただ、この場合、Tポイント自動付与になり楽にはなりますが、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの場合は、iD払い、QUICPay払いじゃなくなるので、還元率は1%になります。ので、注意しておいて下さい。

ノーマルのOrico Card THE POINTはiD払い、QUICPay払いでも1%なので、EneKeyに登録すればTカードを通さずともTポイント貯められる様になるので、エネオスやエネジェットを使うならEneKeyを作成するのがおすすめです。

まとめ

という事で、オリコカードザポイントのゴールドをガソリンスタンドで使う時に関してでした。

オリコカードザポイントプレミアムゴールドを作成した後は、

  • クレジットカード払いならポイント還元率は1%
  • 電子マネーのiD又はクイックペイならポイント還元率は1.5%
  • 電子マネー払いは、エネオス、昭和シェル、エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドの一部店舗で使える
  • 電子マネーでの支払い方は、支払い方法選択画面で「電子マネー」をタッチ→iDもしくはQUICPayを選択→Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD自体をカード読み取り機にタッチ→給油→レシート抜き取り→完了
  • その他のポイントカードも同時に貯められる

って状態での利用になります。

貯まったポイントはTポイントに交換する事ができるので、それで集約して、SBIネオモバイル証券での国内株への投資に併用ってしてます。私は。

スポンサーリンク