オリコカードザポイントのゴールドを作ろうと思っても、搭載されている電子マネー、iD(アイディー)とクイックペイ、での支払い方がいまいち分からないと作成に踏み切れない事があると思うので、オリコカードザポイントプレミアムゴールドを作った後の、iDとクイックペイでの支払い方を記載します。

支払い方

オリコカードザポイントのゴールドのiD又はクイックペイでの支払い方は、対応店舗での支払い時に、「iDで。」や「iD払いで。」又は「クイックペイで。」や「クイックペイ払いで。」等と店員さんに伝えます。

その後、店員さんが機械操作→自分でカード読み取り機に「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」自体をかざします。

支払完了の合図は「音」が鳴ります。iDなら「タントン♪」と鳴り、クイックペイなら「クイックペイ♪」と鳴ります。

この時点でカード読み取り機からオリコカードザポイントプレミアムゴールドを外してOKです。
(財布に戻してOK)

その後レシートを受け取る。

これで終了です。

  1. どっちで支払いをするかを店員さんに伝える
  2. オリコカードザポイントプレミアムゴールド自体をカード読み取り機にかざす
  3. 音が鳴ったらしまう
  4. レシートを受け取る

って流れです。

支払い方はSuica等「交通系のICカードとほぼ同じ」って思っておいてオッケーです。

ノーマルの「Orico Card THE POINT」にした場合も同様の使い方です。

オリコカードザポイント自体(クレジットカード自体)をカード読み取り機にかざして支払います。

Suica等交通系ICカードとほぼ同じという意味

Suica等交通系ICカードとほぼ同じというのは、伝える事や決済音が違うだけで、流れはほとんど同じなためです。

例として、コンビニで、Suicaで支払う時の流れと、iD又はクイックペイで支払う時の流れ、の、流れの各項目の対応表は以下です。

Suicaで支払う場合 支払い時の各項目 iDで支払う場合 クイックペイ
で支払う場合
Suicaで。 商品バーコードの読取完了後に
店員さんに伝える言葉
iDで。
(アイディーで。)
クイックペイで。
Suicaカード カード読み取り機にかざす物 オリコカードザポイント
プレミアムゴールド
オリコカードザポイント
プレミアムゴールド
「ピッ」って鳴って
支払い完了
決済完了の音 「タントン♪」って鳴って
支払い完了
「クイックペイ♪」って
鳴って支払い完了
レシート受け取り
(サイン不要)
その後 レシート受け取り
(原則サイン不要)
レシート受け取り
(原則サイン不要)

上記の様に、支払い方はSuicaとほぼ同じです。

言う言葉や、決済音が違うだけで。

財布に入れたままで支払える場合も。

ちなみに財布にオリコカードザポイントプレミアムゴールドを入れといてもちゃんと支払えるお店もあります。

財布の遮蔽物が少ない所など。(カード入れ部分の端など)

私は基本財布ごとかざして支払ってます。

支払いはかなり楽です。

ただ、財布の中の、レシートだったり、お札の枚数によってだったり、その他の財布に入れているICチップ付きのカードだったり、そもそもお店のカードリーダー(読取機)の形や反応精度によって、エラーになって、財布からオリコカードザポイントプレミアムゴールドを出してタッチって事もあるので、100%財布から出さずに支払えるわけではないですが。

財布を出さずにより楽に支払いたいって場合は、対応クレカが必要ですが、キーホルダー型でクイックペイが使える「スピードパスプラス」が楽です。

レシートにクレカ番号は印字されない

支払い終わった後のレシートには、クレカ番号は印字されません。下4桁であっても。

代わりに、支払いに使った電子マネーiD又はクイックペイの番号の下4桁が印字されます。

ので、レシートも捨てやすいです。

私は、電子マネー使ってコンビニで買う時は、「レシートいいです。」をする時も結構あります。

請求はクレカと同じ

iDやクイックペイで支払った分はオリコカードザポイントプレミアムゴールドの引き落としと合わせての請求です。

iD、クイックペイ共に、後払い方式の電子マネーなので。

チャージして使うわけじゃなく何もせずに引き落としのみで使えます。

なので、間接的にATM手数料の節約に繋がります。

使える店なのかどうかの確認

iDとクイックペイが使えるお店は、iD、クイックペイのHPにも記載されていますし、お店の入り口や、会計の場所に、iDのロゴや、クイックペイのロゴが掲載されているシールがあるかないかでも判断できます。

もしくは、普通に「iDかクイックペイ使えますか?」って店員さんに聞いてもOKです。

iDのロゴは、黄色背景に黒文字のiD、で、クイックペイ(QUICPay)は、大文字のQが青色でちょい赤って感じのロゴです。

こんな感じの見た目です。↓
iD(左)とQUICPay(右)のステッカー

これがあればiD又はクイックペイが使えるお店です。

又はApple Payって書かれているなら、iD又はクイックペイのどっちかは使えるって事が分かるので、Apple Payの文字があるかないかでも判断しやすいかと思います。

こんな感じでまとまって書かれている事が多いです。↓
ApplepayのiDとQUICPayのステッカー

という事で、オリコカードザポイントのゴールドのiDとクイックペイでの支払い方についてでした。

支払い等で貯まったオリコポイントはネット経由ですぐ交換できます。

私はTポイントに交換して、【SBIネオモバイル証券】での株の買付に併用しています。

スポンサーリンク