オリコカードザポイントのゴールドの電子マネー払いは、財布に入れたままでも大概は支払いできます。

財布を持ってそのまま読み取り機にかざすと、支払いできる所も多いです。

が、100%じゃありません。

スポンサーリンク

店舗の読み取り機次第

使う店舗が導入している読み取り機次第では、財布に入れたままだと反応しません。

使い始めたらこの店は財布のままはきつい、とか、この読み取り機だとカード財布から出す必要がある、とかは慣れて来ます。

私の場合は、セブン-イレブン、ファミリーマートは財布に入れたままでもちゃんと支払いできる事がほとんどですが、ローソンはエラーになる事が多いとかがあります。

性能じゃなく場所も。

また、読取機の性能に関係なく、読取り機が設置されている場所的に、オリコカードザポイントプレミアムゴールド自体を出す必要がある店舗もあります。

レジ付近の奥まった所に固定されていたり、読み取り部分の両サイドが盛り上がっててカードサイズじゃないとピッてできなかったり。

財布に入れてる場所にもよる

また、財布に入れたままで反応するかどうかは、オリコカードザポイントプレミアムゴールドを入れてる財布の場所にもよります。

財布の外側だったらオッケーですし、遮蔽物が1枚、2枚の場所なら私の財布の場合は入れたまんまで支払えてます。

レシートとかATM明細挟まってると反応しづらくなる

後は、オリコカードザポイントプレミアムゴールドと財布の生地の間にレシートやATMの利用明細等が挟まっていると、財布に入れたままだと反応しなくなる事が多いです。

財布のカード入れの外側にお札入れる所がある財布など。

間に挟まっているお札が1枚2枚なら反応しやすいですが。

その他のICチップ付のカードが近いとエラーになりやすい

また、オリコカードザポイントプレミアムゴールドの他にICチップ付のカードが入ってると、それでもエラーになる事があるので注意して下さい。

重なってると基本ダメなので、長財布なら、別の場所に移動して、上下の位置で重ならない所に移動して使えばオッケーです。

これは、電子マネー付きのクレカだけじゃなく、ICチップ付いてるカードもです。
(銀行とかその他のクレカとか)

ダブル搭載で1枚で済むのも利点

そういう意味では、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、1枚に2つの電子マネーが付いているので、財布に入れたまま支払いたい人にとっては結構な利点です。

「2枚持ってて干渉」って事がないので。

財布の場所探しに困る事も少ないですし。

一枚だけ場所考えれば良いので。

iDとQuicpayの両方使うと思ったら、普通は、iDのカード、Quicpayのカード、と2枚を財布に入れて電子マネー払いをする事になります。

どっちかだけ使える店舗をよく使うけどそれだけじゃないとか、どっちのキャンペーンも狙いたいとかの場合。

そうすると、ICチップ付のカードの数が増えるので、財布のカード入れ次第では干渉してエラーになります。

カード読み取り機にかざした時に「複数のカードを認識しました」的な感じで、エラー表示になります。

なので、ICチップのカードの枚数が多いと、それだけ財布から出して再度ピッてする機会が増えちゃいます。

=ダブル搭載でカード枚数できるだけ減らせて、財布に入れたままピッってしやすくなるのもOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDの利点の1つ

これはノーマルの「Orico Card THE POINT」にした場合も同様です。

まとめ

という事で、オリコカードザポイントプレミアムゴールドを財布に入れたまま支払う時に関してでした。

財布に入れたまま支払えるかは、まず、店舗の読取り機次第、置き場所、形状次第になります。

払える所も多いですが、クレカ出さないとならない事もたまにあるって感じになります。

支払いをめちゃくちゃ楽にしたい場合は、対応クレカが必要ですが、キーホルダー型でクイックペイが使える「スピードパスプラス」なんかも選択肢としてあります。

スポンサーリンク