iDを使いたいと思って、iD対応のクレジットカードを作る事にしても、どの様にして使うのか疑問が出る事があると思います。

なので、クレジットカードのiDの使い方を記載します。

クレジットカードのiDの使い方は、現金払いの時と流れはほぼ変わらず、現金で払う時の「お札や小銭を出す」部分が、「iDで(アイディーで)と伝えて店員さんがレジ操作→読み取り機にiD機能の物を自分でかざす」に変わるのみです。

かざすというのはカード自体をかざす意味合いです。(おサイフケータイの場合はスマホorガラケーを「かざす」)

iD機能を使うには、「クレジットカード一体型」と「クレカと別に発行してもらうiD専用カード」「おサイフケータイ」とあるiD対応のクレジットカードのどれかを作成する必要があります。(関連:iDが使えるクレジットカードは一体型・追加カード型・おサイフケータイ型の3タイプ

レストランでのiDの使い方

以下、「iD対応店舗のレストランに行って会計をiDで済ます時」のiDの使い方を記載します。

  1. iDが使えるレストランに行きます。
  2. レストランで食事をし、伝票を持って会計場所まで行きます。
  3. 伝票を渡します。
  4. iDで。(アイディーで。)」と店員さんに伝えます。もしくは「iD払いで。」等もOKです。
  5. 店員さんが機械操作。
  6. 読み取り機が光る。(読み取り機がどれか分からなくても店員さんが、ここにかざして下さい。と促してくれます。)
  7. 読み取り機に、自分で、クレジットカード自体を、かざす。
  8. タントン♪と鳴ったら支払い完了
  9. クレカを読み取り機から離して財布にしまってOK(追加カードをしまう。スマホをしまう。)
  10. レシートを受け取る
  11. お会計終了
  12. 店を出る

途中まで現金払いの時と同じ流れで進み、支払う段階になったら「アイディーで。」と言えばOKです。

で、音が鳴るまでかざす(クレジットカード自体or追加カードorスマホ)

で、終了っていう使い方です。

かざすのはカード自体

iDをこれから初めて使うって場合は、結構疑問が出る事があると思いますが、店舗の読み取り機には「カード自体を」かざします。

Suica等、交通系ICカードで支払う時と支払い時にやる事は同じです。

Suicaの場合は「Suicaマークがついてるカードを」かざします。

Suicaカードだったり、クレカにSuicaがついてる物もあるので、その場合はクレカ自体をかざすとSuicaが使えます。

iDの場合も同様で、iDのロゴが入ったiD対応のカードをかざすっていう使い方になります。

一体型の場合は、クレカ自体にICチップがついているので、「クレジットカード自体を」かざすと支払いが完了します。

例えば、Orico Card THE POINTは一体型なのですが、作成したiD対応クレカがOrico Card THE POINTだった場合には、「Orico Card THE POINT自体を」かざす、っていう使い方をします。

「iDで。」って言って、「Orico Card THE POINT」をかざすと「タントン♪」って鳴ってiD払いが完了します。

追加カード型の場合は、クレカではなく、「追加カードを」かざして支払うって使い方です。
(ETCカードや家族カードと同様に、iD専用カード、が追加できるクレジットカードがあります。)

追加カードの場合、クレカ自体は財布から出す必要はないです。

更に言うとiDを使うだけならばクレカは家に置いといてもOKです。追加したiD専用カードを持参しているならば。

おサイフケータイの場合は、「スマホ自体又はガラケー自体を」かざします。

こっちのパターンも同様に、クレカを出す必要はないですし、iD使うだけならクレカを携帯していなくてもOKです。

iDとほぼ同様の電子マネー「クイックペイ」の使い方も同じです。

財布に入れたままでもOKな事も。

また、店舗の読み取り機と財布の外側までの薄さにもよりますが、かざす時に財布にカードを入れたままでOKな事もあります。

私は、コンビニやガソリンスタンドは大概財布に入れたまま払ってます。

また、より楽に支払いたいって場合は、上述した「クイックペイ」にはキーホルダー型の「スピードパスプラス」があるので、それだとより楽です。

自動販売機等では「iD」を選んでタッチ

また、「iD」は自動販売機等、無人の所でも使える事があります。

自動販売機等での使い方もほぼ同様ですが、自販の場合は、どの電子マネーで支払うかをボタンで選ぶ状態になっています。

iDで買う場合は、自動販売機についているボタンを操作して、電子マネー「iD」を選び、あとは普通の買い物でiD使う時と同じで、iD対応のカードを、読み取り部分にタッチするだけです。

店舗の時と同様、読み取り部分は光り、支払い完了時の音も鳴ります。

請求は後のクレカの引き落としと同じ

iDで払った分の請求は、クレカの引き落としと合算での引き落としです。

iD使う毎に引き落としではなく、月1のクレカの引き落としでiD分も一緒に引き落とされます。

まとめ

という事で、クレジットカードのiDの使い方、でした。

かざすというのはカード自体をかざす意味合いです。

支払う段階になったら、「iDで。」と伝え
iD一体型のクレジットカードの場合は、クレカ自体を、
iD専用カードが追加できるクレジットカードの場合は、専用カードを、
おサイフケータイ対応クレカを作ってiDをスマホで使う場合は、スマホ自体を、
読み取り部分にかざす事で、支払う事ができます。

現金払いと比較して便利な部分は結構あります。

また、iDはちゃんと”キャッシュレス決済”です。

対応クレカを作る際は、「スマホ(iPhone、Android)を加味しながら作る」と選択肢が拡がります。

iD対応クレジットカードのそれぞれのiDのタイプは以下表の様になっています。

使えるiDのタイプ クレジットカード
一体型
モバイル
ANA VISAワイドゴールドカード
一体型
モバイル
dカード GOLD
一体型
追加カード
モバイル
三井住友VISAゴールドカード
一体型
モバイル
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
追加カード
モバイル
セディナゴールドカード
一体型
モバイル
dカード
一体型
モバイル
ANA VISAプラチナプレミアムカード
一体型
追加カード
モバイル
三井住友VISAプライムゴールドカード
追加カード
モバイル
ANA VISA Suicaカード
追加カード
モバイル
セディナカードクラシック
一体型
モバイル
Orico Card THE POINT
一体型
モバイル
ANA 一般カード(VISA)
追加カード
モバイル
セディナカード
一体型
追加カード
モバイル
三井住友VISAデビュープラス
追加カード
モバイル
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード

スポンサーリンク