iDが使えるクレジットカードには、iD一体型クレジットカード、iD専用カード(追加カード型)、おサイフケータイのiD機能に対応、と3タイプあります。

iDに興味が出て、iD対応のクレジットカードを作成しようと思っても、どれにすれば良いのか、どのクレジットカードなら自分が使いたいタイプでiDが使えるのか分からないって時があると思うので、それぞれの違いや、それぞれのタイプが選べるクレジットカードを記載します。

3タイプの概要

一体型は、クレジットカードを作成すると、クレジットカード自体でiDが使えます。

iD専用カードは、追加カード(ETCカード、家族カード等)の内の1つに、iD専用カードがあり、その追加したカードでiDが使えます。

なので、このパターンは、クレジットカードを作成&iDのカードを作成、と2枚発行される事になります。

追加カードなので、クレジットカード発行後に申し込む事も可能です。

おサイフケータイのiDに対応しているタイプにする場合は、クレカ会社におサイフケータイのiD機能の利用申込をして使います。

利用申し込みをすると、「アクセスコード」が届くので、iD対応のスマホorガラケーで設定、とするとスマホorガラケーでiDが使える様になります。

このタイプもクレジットカードを作成後にiD利用の申し込みをする事も可能です。

どのタイプにできるかは作成するクレジットカード次第

iD一体型クレジットカード、iD専用カード(追加カード)、おサイフケータイのiD機能に対応、のどのタイプでiDを使えるかは、作成するクレジットカードによって決まります。

大概は、クレジットカード発行会社で選べる選択肢が決まります。

が、例外があるので、クレジットカード毎に決まるって感じです。

どのタイプにできるかは、基本、そのクレジットカードのHPに記載があります。

記載がない場合は、おサイフケータイのみ、or、iD機能は利用できないクレカ、という事が大半です。

選択肢が一つだけというわけではない

一体型、追加カード(専用カード)、おサイフケータイのiD、のどれにできるかは、一つのクレジットカードでも選択肢が一つだけというわけではないです。

「一体型・追加カード・おサイフケータイで使う」の3タイプからどれで使うか選べるクレジットカードもあります。

3タイプから選べるのは、「三井住友VISAプライムゴールドカード」や「三井住友VISAゴールドカード」等です。

一体型・おサイフケータイ」と2タイプから選べるクレジットカードもあります。

「一体型・おサイフケータイ」の2タイプから選べるのは、「ANA VISAワイドゴールドカード」や「ANA VISAプラチナプレミアムカード」、「ANA VISAカード」、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」、「Orico Card THE POINT」、「dカード GOLD」、「dカード」等です。

追加カード・おサイフケータイ」の方の2タイプのもあります。

「追加カード・おサイフケータイ」から選べるのは「ANA VISA Suicaカード」や「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」、「セディナゴールドカード」、「セディナカードクラシック」、「セディナカード」、「三井住友VISAデビュープラス」等です。

また、一体型・追加カードどちらも対応してないけど、「おサイフケータイでの利用のみiD機能に対応」、というクレジットカードもあります。

おサイフケータイのみiDに対応のクレジットカードは結構あり、「イオンカードセレクト」、「ライフカード」、「セゾンゴールドアメリカンエキスプレスカード」、「ウォルマートセゾンカード」等です。

一体型または追加カードでiDに対応している所は、基本的におサイフケータイのiDにも対応しています。

支払い時にかざす物の違い

どのタイプにするかで、iDでの支払い時にかざす物に違いが出て来ます。

一体型にした場合は、「クレジットカード自体を」かざして支払います。

追加カード型にした場合は、「追加したiD専用カードを」かざして支払います。

おサイフケータイ型にした場合、「スマホ(orガラケー)を」かざして支払います。

iDでの支払い方について詳しくは「クレジットカードのiDの使い方。かざすというのはカード自体をかざす意味」をご覧下さい。

それぞれのメリット・デメリット

「一体型」・「追加カード」・「おサイフケータイ」のそれぞれの主なメリット・デメリットは以下です。

iD一体型クレジットカード

メリット
クレカ機能とiD機能が一枚で済む。=財布がスッキリ
券面が作成したクレカ自体=出す時気に入った券面の状態でiD使える

デメリット
iD使うには常にクレジットカード自体を財布に入れておく必要がある

追加カード(iD専用カード)

メリット
クレジットカード自体を持ち歩かなくても専用カードだけ持てばiDが使える

デメリット
クレジットカードも持つ場合は財布の中が二枚になる
券面がクレカじゃなく専用カードの券面

おサイフケータイのiD機能

メリット
スマホを持てばiDが使える=財布の中がよりスッキリ
財布からカードを出さずに払える

デメリット
iDが使えるおサイフケータイ&回線が必要
クレジットカードも持つ場合は財布の中に入れる事に変わりはない

おサイフケータイのiDの使用開始の仕方については「スマホのおサイフケータイ機能でのiDの使い方・始め方」をご覧下さい。

という事で、クレジットカードのiD機能を使う時の3タイプについてでした。

一体型・追加カード型・おサイフケータイ型とあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

私は、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDにしたので、一体型とモバイル、です。

どのクレジットカードを作成するかで、どのタイプで使えるかの選択肢が変わるので、iD機能を考えてクレジットカードを作る時には、自分が使いたい状態でiDが使えるクレジットカードを作成する様にして下さい。

また、その際には、自分のスマホの状態も考えながら選ぶと選択肢を拡げられます。

iDが使える主なクレジットカードのそれぞれの対応タイプは以下の表の物です。

使えるiDのタイプ クレジットカード
一体型
モバイル
ANA VISAワイドゴールドカード
一体型
モバイル
dカード GOLD
一体型
追加カード
モバイル
三井住友VISAゴールドカード
一体型
モバイル
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
追加カード
モバイル
セディナゴールドカード
一体型
モバイル
dカード
一体型
モバイル
ANA VISAプラチナプレミアムカード
一体型
追加カード
モバイル
三井住友VISAプライムゴールドカード
追加カード
モバイル
ANA VISA Suicaカード
追加カード
モバイル
セディナカードクラシック
一体型
モバイル
Orico Card THE POINT
一体型
モバイル
ANA 一般カード(VISA)
追加カード
モバイル
セディナカード
一体型
追加カード
モバイル
三井住友VISAデビュープラス
追加カード
モバイル
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード

iDとほぼ同様の電子マネーに「クイックペイ」があります。クイックペイもiDと同様、チャージ作業がないキャッシュレス決済です。

クイックペイは、「スピードパスプラス」や「QUICPay(nanaco)」、「QUICPayモバイル」のタイプで使うのがおすすめです。

スポンサーリンク