JCB CARD WやJCB CARD W plus Lを作ろうと検討している時に、作った後ちゃんと活用できるかな?って疑問が出る事があると思うので、JCB CARD Wのお得な使い方を記載します。

作成後にこんな感じで使うのが無理ないなら、生活をそこまで変える事なくお得に使っていけます!

クイックペイは必ず使うとATM手数料的にも時間的にお得

JCB CARD Wを作ったらクイックペイは必ず使う様にして下さい。

クイックペイはチャージが必要ない電子マネーです。

これを使える様にしておくと、ATM行く回数が劇的に減ります。

ATM手数料がほぼかからなくなるのでまず1つ金銭的にお得

で、ATM行かないって事なので、時間的にもお得になります。

で、更にキャッシュレス決済なので、その分でも還元(後日ポイントや買い物時に値引き)があるので、クイックペイを使える様にするのはJCB CARD Wのお得な使い方の中でもかなり重要度高い部分です。

iPhone7以上ならApplePayで使える様にする

クイックペイは、iPhone7以上を使っているならApplePayで使える様にすればオッケーです。

ただ単にJCB CARD WをApple Payに登録ってだけでクイックペイとして使える様になります。

Apple Payでクイックペイとして使うと時期にもよりますが初めての場合一定期間20%還元!ってキャンペーンをやってることがあります。

なので、お得です。

AndroidのおサイフケータイならGooglePayに登録して使うのがお得

また同様に、使ってるスマホがAndroidのおサイフケータイならGooglePayにJCB CARD Wを登録して使うのがお得です。

Apple Payと同様GooglePayも初めて登録で20%キャッシュバックって言うキャンペーンをやってることがあるので。

ApplePayもGooglePayも格安SIMでも全然使えます。

格安SIMでもiPhone7以上は販売されていますし、Androidのおサイフケータイも全然あります。

なので、キャッシュバックキャンペーンやってる時期にJCB CARD W作ってiPhone7以上やおサイフケータイに乗り換えたなら、そのキャッシュバック分をスマホ代に割り当てられてるとも言えるので、お得にスマホ変えられます。

コンビニのメインをセブン-イレブンにする

JCB CARD Wのお得な使い方としては他にもコンビニのメインをセブン-イレブンにするってのもあります。

セブン-イレブンはJCBオリジナルシリーズパートナーで特約店なので還元率がアップするお店です。

JCB CARD Wだと還元率2%で使えるので、日々行うコンビニでの買い物がお得になります。

QUICPay(nanaco)を使ってnanacoボーナスポイントが付く商品を購入する

スマホがiPhone 7以上じゃないとかAndroidのおサイフケータイじゃないって言う場合で、かつスマホを変える気はないっていう状態の時はクイックペイを使う手段としてはクイックペイ(nanaco)を使える様にするのがお得です。

これはnanacoカードでクイックペイを使える様にできる、JCB CARD Wのクイックペイの使い方です。
nanacoカードについてるクイックペイの使い方

これをやるといろんなお店でナナコカードをかざせばクイックペイで払える様になります。

で、このQUICPay(nanaco)の場合に限り、クイックペイ払いなのにセブンイレブンでnanacoボーナスポイントも貯まるようになったり、200円毎に1nanacoポイントも貯まる様にできます。

通常の、JCB CARD Wでセブン-イレブンでクイックペイ払いをしたときの還元率2%、とは別に貯まります。

なので、お得です。

ApplePayで使ったりGooglePayで使ってるって場合でも、別途QUICPay(nanaco)を作成することはできますが、支払い時にnanacoカードを取り出す手間が出てくるので変える必要は無いかと思います。

ネット通販はAmazonをメインにする

またJCB CARD Wのお得の使い方としてはよく使うネット通販をAmazonにするってのもあります。

AmazonはJCB CARD WやJCB CARD W plus Lの特約店なので。

還元率2%でAmazonが使えるのでお得です。

Amazon自体のポイントもちゃんと別につきます。

My JCBでキャンペーンをちゃんと見て登録する

他にもJCBカードWを作ったらMy JCBをスマホにインストールして、キャンペーンをたまに見て登録が必要なのは登録する様にする、とお得に使えます。

My JCBはクレジットカードのマイページのことです。

そこにキャンペーンって項目があるのでそこを定期的に確認してみて下さい。

手動登録が必要なキャンペーンはそこまで頻度多くないので、たまにでオッケーです。

キャンペーン登録必要なお店に片っ端から登録していく

また、JCB CARD Wの特約店の中には還元率良く使うには最初にキャンペーン登録が必要なお店があります。

なのでお得に使うにはまず最初に片っ端からそういったお店にキャンペーン登録していく必要があります。

登録はMy JCBからできます。(関連:JCB CARD WやJCB CARD W plus Lが届いたらとりあえずする事

これはたまにお店が変わるので、JCB CARD Wを使い始めたら1年間隔くらいで良いので時々確認する様にして下さい。

スタバを使うならちゃんとアプリのスターバックスカードにチャージして使う

また、JCB CARD WやJCB CARD W plus Lはスターバックスも特約店です。

スターバックスカードへのオンライン入金、オートチャージをJCB CARD Wにすると、還元率5.5%で使えるのでお得にスタバを利用できます

スタバをまぁまぁ使うって場合は公式アプリをインストールしてスターバックスカードを使える様にして、JCB CARD Wでオンラインチャージ、ってしてくとお得に使えてます。

ポイントの交換はキャンペーンやってる時のnanacoにする

また、JCB CARD WやJCB CARD W plus Lを使ってたまったokidokiポイントは、キャンペーンやってる時にnanacoに交換するとお得です。

たまにnanacoへの交換レートがアップするキャンペーンをやってる事があるので。

メールが届いたり、My JCBのキャンペーンの所で確認できます。

この時に交換すると大概1okidokiポイントが6nanacoポイントに交換できます。

JCB CARD Wは1000円ごとに2okidokiポイントなのでこの場合だと1000円ごとに12nanacoポイントになります=還元率が1.2倍になるので、お得です。→JCB CARD Wのポイント交換はnanacoの交換レートアップ時にやると還元率1.2倍

時間的にお得にするならTポイントへの自動交換

時間的にお得にするならTポイントへの自動交換があります。

私はこっちにしてます。今は。

これやっとくと、ポイント交換の手間がなくなり、スムーズにポイントを日々の生活で活用できる様になるので、時間的にお得です。

還元率は1%になる交換なので、上記のnanacoのキャンペーンの時よりは低くなりますが、まぁその差は良っかって事でやってます。→JCB CARD WはTポイントに自動で交換できるクレジットカード!

という事でJCB CARD Wのお得な使い方についてでした。

  1. クイックペイは必ず使う(Apple Pay、GooglePay、もしくはQUICPay(nanaco))
  2. ネット通販はAmazonをメインにする
  3. コンビニはセブン-イレブンをメインにする
  4. スタバを使うならちゃんとスターバックスカードにチャージして使う
  5. My JCBでキャンペーンをちゃんと見て登録する
  6. キャンペーン登録必要なお店は片っ端から登録
  7. ポイント交換はキャンペーンをやってる時のnanacoまたはTポイント自動交換にする(手間的にお得)

って感じにすると、JCB CARD W作った後にかなりお得に使えます!

というかむしろこういった部分であまり変化を起こさずに使えるって感じならJCB CARD Wやplus Lはかなり合致しているクレジットカードなので、普通に生活してるだけでよりお得にできてるって感じになります!

JCBカードWはこちら

スポンサーリンク