ナナコカードは即日もらえる

ナナコカード作ろうと思っても、時間かかるなら嫌だな~って感じで、何となく先延ばしにしてる事もあると思いますが、ナナコカードの発行は時間かからないです。

ナナコカードの作成には、主に「ネットで記入済ますパターン」と「店舗で記入のパターン」がありますが、
ネットの方でも即日で作成は可能ですし、店舗の方もその場ですぐ作れる状態です。

やる前は結構面倒に感じる事があるかもですが、思った以上に時間はかからなかったので、電子マネーnanacoを使いたい気持ちになってるなら、レジやサービスカウンター行って、「ナナコカード発行したいんですけど」って言っちゃうのがおすすめです。

スポンサーリンク

ネットの場合にかかった時間

私はネットで予め記入するパターンでnanacoカードを作りました。

入力にかかった時間は、5分半くらいです。

店舗で記入する場合も、3分~5分とかで済むかと思います。

書く事は、氏名、住所、職業、電話番号等々ぐらいなので。
(ネットの場合はメールアドレス、パスワード等も。)

店頭でもらうのにかかった時間

ネットでも店舗での記入でも、申込書に記入したら、レジ・サービスカウンターでナナコカードをもらいます。

この時nanacoカードもらうまでにかかった時間は、3分くらいでした。

ナナコカード作成完了までにする流れ

ナナコカード作成完了までにする流れは以下です。

ネットで記入:ネットで記入→店舗に行く→Web申込番号伝える(or見せる)→店員さんが番号入力→ナナコカード使える様登録してくれる→現金300円払う→ナナコカード発行完了

店舗で記入:店舗に行く→申込書記入→ナナコカード使える様登録してくれる→現金300円払う→ナナコカードゲット

書いて店舗or店舗行って書く、レベルで作れます。

また、行くタイミングを選べば無料相当での発行も可能です。

どちらも即日可能

どちらも即日でナナコカード作る事が可能です。

ネットの場合も。

店舗の営業時間にレジカウンター・サービスカウンターに行ければOKなので。

特にセブン-イレブンは24時間やってますし。

必要な持ち物も特になし

ナナコカードを作るのに必要な持ち物は特にないです。

印鑑、身分証明、等必要になりませんでした。
※イトーヨーカドーで60歳以上限定で作れるシニアナナコカードを作成する場合は年齢確認のため身分証明等が必要です。
ネット記入の場合は、Web申込番号が必要ですが、それもスマホのメアドで登録すれば、スマホ持ってくだけでOKになるので、どっちの記入パターンでも持ち物は特にないです。

って事で、ナナコカードの発行時間に関してでした。

すぐ作れる&労力かからない、持ち物特に必要ない、その場ですぐ、なので、nanacoに興味出て来たなら作成するのがおすすめです。

ナナコカードを作成した後、そのナナコカードでクイックペイも使える様にする予定で、まだ対応クレカを作成していない場合には、以下の様な、JCB CARD W/plus L(セブン-イレブンで高還元)やリクルートカードのJCB(nanacoチャージでポイント付与)が結構特色あるのでおすすめのクレカです。

クレジットカード 選び所
JCB CARD W/plus L QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約2.5%+ボーナスポイント/基本ポイント二倍/年会費無料/特約店アリ
JCB一般カード QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約2%+ボーナスポイント/オンライン口座設定で最短即日発行/メジャーなクレカ
海外・国内保険利用付帯/ショッピングガード保険/特約店アリ
リクルートカード ※国際ブランドがJCBの物のみQUICPay(nanaco)可能
QUICPay(nanaco):セブン-イレブンで計約1.7%+ボーナスポイント/nanacoチャージで1.2%
電子マネーのチャージは月3万円まで/貯まるのはリクルートポイント

ネットでクレジットカードを発行する際にどのくらいの日数がかかるのかについては、「ネットでクレジットカードを作るにはどんくらい時間かかる?届くまで何日?」をご覧下さい。

発行したnanacoカードは、「現金チャージ」や「クレジットチャージ」をすればnanacoで買い物できる様になります。

スポンサーリンク