インターネットを光回線(固定回線)を契約して利用しようと検討する方は多いと思います。

光回線の場合は、モデムをレンタルして(送られてきて)、それを、自分が用意したルーター等と繋げて、そのルーターでWifiを飛ばしたり、ルーターとパソコン等をケーブルで繋いで、その後、パソコン等でプロバイダから送られてきたパスワード等を設定してネット接続します。

一回最初にやっちゃえば、とりあえずそれでOKなので特に問題に感じる事は少ないと思いますが、モデムとかルーターとかに苦手意識がある場合はかなりおっくうって事があると思います。

インターネット接続のやり方がいまいち分からないから毎回面倒に感じる、みたいな感じで。

それだけで、めちゃくちゃ時間取られちゃったり。

また、使っている時に、たまに起きる事がある「ネットに繋がらない」って症状が出たりすると結構不安になったり、「またあれやんなきゃなの!?・・・疲れる・・・。」って感じになる事があると思います。

※使い始めた後にネットに接続できなくなった場合は、大抵は、モデムとルーターの電源を切って(コンセントからAC電源を外す)、15分くらい放置、で再度電源を入れる、とすればまた問題なく繋がります。

が、あまり分からないって場合は、結構疲労感があると思います。

そんな感じで、モデムやルーターでのインターネット接続のやり方がいまいち分からないんだよなって時は、ポケットWifiを利用するのがおすすめです。

ポケットWifiの場合は、光回線の時の、「モデムの部分」、「プロバイダの部分」がなくなり、シンプルに「Wifi接続設定」をするだけで済むので。

ポケットWifiもルーターは使うのですが、ネット接続に苦手意識がある場合、モデム+ルーターとかで何か不具合が起きた時に複雑に感じるって事が多いと思うので、ルーターのみっていうシンプルな構成なのが分かりやすいかと思います。

スポンサーリンク

ポケットWifiはモデムとかはない

ポケットWifiは契約すると、契約した所からモバイルルーターまたはホームルーターが送られてきます。

で、そのルーターのみでネット接続が開始できます。

モデムを繋いで、それにルーターを繋いで、とかはないです。

モデムって何?って時もOK

なので、モデムって何?って時もOKになってます。

ポケットWifiはプロバイダ情報を入力とかもない

また、ポケットWifiはパソコンのブラウザでプロバイダ情報を入力、とかもないです。

光回線の時は、ルーターとパソコンをケーブルで繋いだり、Wifi設定をする時の、一番最初の時には、プロバイダから送られてきたパスワード等を入力して、やっとネット接続ができます。

ポケットWifiではこの部分はないです。

=ややこしくない

ルーターのSSIDとパスワードでWifi設定をする部分は同じ

光回線でも、ポケットWifiでも、ルーターを使います。(光回線は必須ではないですが基本ルーター使います。&使うのが推奨です。)

そのルーターのWifiの英数字の羅列・固有の名前をSSIDと言います。

スマホやパソコン等でWifi設定をする時に、どのWifiに繋ぐかを選ぶ時の名称です。

で、ルーターに記載されているパスワードを入力すると、そのWifiでネット接続ができます。

この、ルーターのSSIDとパスワードでWifi設定をする部分は光回線でもポケットWifiでも同じです。

ここの部分は省略はできないです。

が、上述した様に、モデムがない、プロバイダ情報の入力がない、というのは、インターネットの接続方法がよく分からないって時にはかなり助かる部分だと思います。

逆に言うとポケットWifiでのインターネットの接続方法はWifi設定だけレベルで済む

逆に言うと、ポケットWifiでのインターネットの接続方法は「Wifi設定」をするだけレベルです。

  • ポケットWifi契約
  • 自宅にモバイルルーターもしくはホームルーターが届く
  • ルーターの電源を入れる
  • スマホやパソコンでWifi設定をする(書かれているSSID選んでパスワード入力するだけ)

これだけシンプルだと、モデムとかルーターがよく分からないならネット接続に不安がある、って方もかなりやりやすいかと思います。

シンプルだから使用後も問題点が分かりやすい

上記の様に、シンプルに使い始められるので、使用後に仮にネット接続ができないってなったとしても問題点が分かりやすいです。

ルーターなのか、自分が使ってる機器側なのか(スマホやパソコン)、程度の確認で済むためです。

他にも、回線の問題なのか(UQやソフトバンク側)ってのもありますが、これはどうしようもない事なのと、ほとんどないのであまり気にする必要はないです。

ルーター再起動・機器側再起動等で大概OK

ちなみに、ポケットWifi使い始めて、急にネット接続ができなくなったってなったら、ルーターを再起動する、機器側(スマホやパソコン)を再起動する、等で大概はOKです。

ポケットWifiはどこでもOKレベル

ポケットWifiにはWiMAX(au系)や、ソフトバンクのLTE回線のレンタルのモバイルルーターサービスが主にあります。

WiMAXの場合は、一応エリアを注意したり※1、定期契約をちゃんと確認したり※2って面はありますが、速度面、ネットの使用感についてはどこでも同様です。

※1:サイトで住所レベルで「ピンポイントエリア判定」ってのができます。)

※2:スマホと同様の物で、WiMAXは3年にひと月のみ違約金なしで解約可能ってのが主です。
更新月が近くなったらメールが来る所が大半なので、契約時のメールアドレスをずっと使う物にしておけばOKです。

ソフトバンクのLTE回線の方は、エリアはソフトバンクと同じで広いですし、レンタルWifiも多く、レンタルWifiの場合は定期契約もないって感じになってます。※

※レンタルのにする場合は初期費用が高い事があるので注意して下さい。
レンタルじゃない所は定期契約があるので確認して下さい。

関連:ポケットWifiのエリアってどのくらい?自分の家でも繋がる?

という事で、モデムやルーターでのインターネット接続のやり方が分からないんだよなって時はポケットWifiがおすすめです。

モデムやルーターに苦手意識があるって方は複雑に感じるから苦手に感じてるって事があると思います。

ポケットWifiはシンプルにネット接続が可能なので分かりやすいっていうメリットがあるネット環境の整え方です。

WiMAXには「So-netのWiMAX」や「BIGLOBE WiMAX」、「GMOとくとくBBのWiMAX」等があります。

ソフトバンクのLTE回線のポケットWifiには、「SAKURAWiFi!」や「STAR WiFi」、「【FUJIWifi】」等があります。これらはレンタルWifiです。

ソフトバンクのポケットWifiでレンタルじゃない物ならば、「NEXTmobile」があります。

光回線と比べた場合の良い所等については、「光回線と比較した場合のポケットWifiのメリットとデメリット」をご覧下さい。

スポンサーリンク