マンションやアパートなどの引っ越し先によっては、光回線を利用するには工事が必要になる事があります。

ただ、「ネット回線用意したいけど工事は面倒だな~」、ってなる事があると思います。

工事は自宅(引っ越した先のマンション等の一室)に業者さんが入るので。

人が入るので、時間を合わせて家にいる必要が出てきて、立ち会いの上で工事ってなります。

なので、ネット利用したいけど工事が面倒であんま乗り気になれないって事があると思います。

けど、必要、みたいな。

そういう時は、ポケットWifi、を契約するのがおすすめです。

ポケットWifiは光回線と違い、工事はないので。

=立ち会いがなく、人が家に入りません。

スポンサーリンク

固定回線でネットをするには開通工事が必要

固定回線でネットをするには、開通工事が必要です。

その建物の外まで引かれている光回線を、自分の部屋の所まで開通して、プロバイダ(YahooBBとか)からレンタルしたモデムってのを繋げます。

で、大概は、そのモデム、にルーターを繋いで、Wifiでネット接続したり、有線LANでネット接続したりってします。

工事は立ち会いの上でやってもらえる

開通工事は、自分ではできず、NTTの人が(なのか委託された業者さんなのか)自宅まで来てくれて、工事してくれます。

勝手に作業始められるって事はなく、ちゃんと立ち会いの元、開通工事をしてくれます。

時間的には全然かからない

時間的には全くもって問題ない速さです。

私が以前にやった時は、確か30分以内程度だったと思います。(マンション住まい)

住み始めたばかりの新居に人が入る

が、引っ越したばかりの部屋、散らかってたり、レイアウトも全く揃えられてないとか、ダンボールとか、住み始めたばかりの新居に人が入るって部分があります。

=ある程度掃除する必要が出て来る

これがちょい面倒っちゃ面倒です。

忙しめの時期、生活リズムも作ってる最中の時期に固定回線のためにある程度片付ける必要が出て来るので。

時間を合わせて待ってる必要がある

また、部屋で立ち会いの元やる工事なので、自分の時間を合わせて待ってる必要があります

その点でも少し面倒な部分と言えば面倒な部分です。

ポケットWifiは工事はなくただ届くだけ

上記は、光回線(固定回線)でネット環境を用意する場合です。

ポケットWifiは工事はなく、ただ、ルーターが届くだけ、です。

モバイルルーター(持ち運び可能)もしくはホームルーター(据え置き型)が届きます。(最初に自分で選びます。レンタルWifi以外)

で、ルーターが届いたら、ただ単にWifi設定をするだけ、でネット環境が手に入ります。

スマホやパソコンのWifi設定を開いて、そのモバイルルーターのSSID(繋ぐWifiの文字列・名称)を選んで、パスワードを入力すれば、もうそのポケットWifi経由でネットに接続できます。

ポケットWifiのネット回線は飛んでる電波

ポケットWifiのネット回線はスマホと同様、飛んでる電波、です。

それを、届いたモバイルルーターやホームルーターが掴んで、それ経由で、パソコンやスマホをネット接続します。

Wifi飛ばせるスマホみたいな物がポケットWifiです。

スマホのテザリング機能を使ってる方はイメージしやすいと思います。

スマホが使ってるキャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)のエリアでネットに繋がるのと同じ様に、ポケットWifiも契約したプロバイダやレンタルしたポケットWifiが使ってる回線のエリアでネット接続できます

自宅がその回線のエリア内ならば自宅でも使える

ポケットWifiでは、WiMAXというのと、ソフトバンクのLTE回線を使っている物が主な物としてあります。

WiMAXはauでも使われていて、auのエリアの一部で使えます。人口カバー率90%以上。(契約する所の公式HPで、自宅の住所でピンポイントでエリア判定ができます。)

WiMAXが契約できる主な所には「So-net WiMAX」や、「GMOとくとくBB WiMAX」、「BIGLOBE WiMAX」等があります。

ソフトバンクのLTE回線はそのまんまで、ソフトバンクのエリアで繋がります。人口カバー率99%

=どちらも自宅がエリア内な可能性が高い

ソフトバンクのLTE回線が契約できる所には、「NEXTmobile」や、「【FUJIWifi】(レンタルWifi)」、「SAKURAWiFi!(レンタルWifi)」等があります。

速度に関しては、電波強度によっても変わって来るのですが(スマホと同様電波の入りが良い場所とそうでない場所があります。)、光回線のWifiと、ポケットWifiのWifiとではほぼ遜色ありません

※光回線とで変わってくるのは有線LANの時の速度が主です。

FPSゲーム系のネトゲ等、有線LANでやる方が良くて、かつ、大容量の消費をする物をやりたいって場合は、ポケットWifiは適していないので工事が面倒でも光回線にするのを推奨です。

その他の用途≒Wifiで問題ない用途ならポケットWifiがおすすめです。(有線接続もできます。)

エリアもOKで、速度もOKなら、ただ単に使えるネット回線、って事になります。

で、上述した様に、工事が必要ない、届いてWifi設定をすればすぐ使える、モデムとかもなくてシンプル、って状態です。

という事で、ネット回線の工事が面倒ならポケットWifiの利用を検討するのはおすすめです。

ほぼ利用に問題がなく、光回線と違い立ち会いが必要ないので。

光回線と比べた場合の利点等については「光回線と比較した場合のポケットWifiのメリットとデメリット」をご覧下さい。

スポンサーリンク