ポケットWifiの支払い方法はクレジットカード以外使えない所が多いです。

口座振替払いの所も中にはありますが、口座振替払いだと基本的に支払手数料として別途、月200円かかります。

デビットカードはほぼ使えないです。

なので、自宅のネット環境や、外でのネット大容量利用をしたいからポケットWifiを検討中って場合は、クレジットカードを作成しておくのが無難です。

ポケットWifi各社の支払い方法

ポケットWifi各社の支払い方法は以下です。

ポケットWifi 支払い方法
So-net WiMAX クレジットカードのみ
GMOとくとくBB WiMAX クレジットカードのみ
NEXTmobile クレジットカード
または
30GBプランだけは口座振替も可能
支払い手数料月200円
BIGLOBE WiMAX クレジットカード
口座振替(支払手数料月200円)
【FUJIWifi】 クレジットカードのみ
カシモWiMAX クレジットカードのみ
BroadWiMAX クレジットカード
口座振替(支払手数料月200円)
SAKURAWiFi! クレジットカードのみ
STAR WiFi クレジットカードのみ

基本的にクレジットカードのみです。

デビットカードは使えない

ポケットWifiではデビットカードは基本、支払いには使えないです。

デビットカードは月額払いのサービスには基本使えないので。

どのクレジットカードを作れば良いのか

作るクレジットカードは何でも良いのですが、ポケットWifiを検討中でクレジットカードを持ってないって場合には、新社会人の方だったり、新たに引っ越しをする学生って事が多いと思います。

なので、私のおすすめは、39歳以下限定のJCB CARD Wや、エポスカード(学生・主婦も申込可能)を作成するのがおすすめです。

クレジットカードを作ったらネット通販も利用しやすくなると思います。

JCB CARD WはAmazonがお得なクレジットカードです。2%または2.4%相当のポイント還元率で利用できます。

実店舗でも、セブン-イレブンが2%または2.4%相当昭和シェル石油が1.5%または1.8%相当で使えるクレジットカードです。

楽なキャッシュレス決済「QUICPay(クイックペイ)」も使えます。

JCB CARD Wはこちら

エポスカードは、遊園地とか、映画館とかレストラン等の優待サイトが使えるクレジットカードです。

また、作って利用していき条件を満たすと、インビテーションと言って、上位カードのエポスゴールドカードへの招待が来ます。(自宅にインビテーションの封筒が届いたり、ネットのマイページを開いた時に切り替えできる旨が記載されています。)

このエポスゴールドカードにすると、iPhoneやAndroidのモバイルSuicaに高還元率でチャージできたり、選択肢の中から3つが高還元にできたり(固定費の支払いを高還元にできます。)、国内空港のカードラウンジ(航空券とカードの提示で利用できるカード会社共同運営の待合室)が使えたりします。
(関連:Applepayでおすすめのクレカは無料可なエポスゴールドカード)

エポスカード

どっちも良いですし、どっちとも作成も普通に良いかと思います。

また、格安SIMもクレジットカード以外決済方法がない所が多いので、乗り換えも検討しているなら、その面でもクレジットカード作成は利便性が高いかと思います。

口座振替払いに対応したポケットWifi|BIGLOBE・NEXTmobile・BroadWiMAX

口座振替払いに対応したポケットWifiには、BIGLOBE WiMAXやNEXTmobileの30GBプラン、BroadWiMAX等があります。

ただ、上述した様に支払い手数料が発生します。

  • BIGLOBE WiMAX
    +月200円の支払い手数料は発生するが、口座振替にも対応しているプロバイダの一つ
  • NEXTmobile
    +月200円の支払い手数料が発生&30GBプランのみ、だけど口座振替にも対応(ソフトバンクのLTE回線)
  • BroadWiMAX
    初期費用が高くなる&+月200円の支払い手数料は発生するけど口座振替の支払い方法を選択できる

これらのサービスは口座振替が選択できますが、基本的にクレジットカード決済と比較してみると負担する料金が高くなるので注意してください。

という事で、ポケットWifiの支払いについてでした。

ポケットWifiは、クレジットカード以外使えない事が多く口座振替だと手数料がかかる事が多い状態です。

スポンサーリンク