自分だけが接続できるWifi、自分だけがパスワードを知っていて自分だけがそれ経由でネット接続できるルーター、を持ち運んで、外出先でもネットに接続できるのがポケットWifiです。

モバイルルーターにしたならば、スマホの2倍くらい厚みの機器(これがモバイルルーター)を持ち運んで、それ経由で自分のスマホやパソコンでネット接続ができます。

また、ポケットWifiは、自宅でも利用する事ができ、自宅のWifiとしても利用できます。

また、有線LANを利用する事もできます。

=光回線の代替になる

ネット環境を整える場合に、光回線を契約しようか、ポケットWifiにしようか迷うって事があると思うので、この記事では、光回線と比較した場合のポケットWifiのメリットやデメリットについて記載します。

外出先で気兼ねなくインターネットに接続できる

光回線と比較した場合のポケットWifiのメリットの1つは、外出先でも気兼ねなくインターネットに接続できる点です。

ポケットWifiがあれば、出勤・退勤、旅行先、出張先、カフェ、等々、どこもでもノートパソコンやスマホでネットが使える様になります。

地域や場所によって速度に違いは出てきますが、電波の届く範囲内であれば場所を問わずネット接続ができます。

光回線の場合は、自宅に設置したルーターの範囲内、でのネット接続になります。

“固定回線”なので。

なので、外でもデータ量気にする必要なくネット接続できるかどうか、で違いがあります。

更に、無料のWifiスポットで気になるセキュリティーも、ポケットWifiの場合は、自分のみが知っているパスで繋いでいるWifiなので、よりセキュリティ度が高い状態で使えます。

この意味でも、外出先で気兼ねなくネット接続できるというのがポケットWifiのメリットです。

直ぐにインターネットが使える(工事が不要)

ポケットWifiは工事が不要で、直ぐにインターネットが使えるのも、光回線を契約する時と比較した場合のメリットの1つです。

ポケットWifiでネット接続をする際の大まかな流れは以下です。

  1. ポケットWifiをオンライン上で申し込む
  2. 3営業日くらいで自宅に端末が届く
  3. 電源を入れて端末情報にあるパスワードを確認する
  4. パソコンやスマホの「Wifi設定」の項目でネットワーク名(SSID:接続するWifi)を探す
  5. 端末情報のパスワードを打ち込む
  6. ネット接続完了

ポケットWifiは、自宅に届いたら、最初のWifi設定を済ませるだけでネット接続ができます。

光回線の場合は、初めてならば工事が必要になり、工事をするなら立ち会いが必要になり、時間合わせて家で待っとく必要があります。

で、工事が終わったら、モデムを繋いで、モデムをルーターに繋いで、ってなります。

そっから先はポケットWifiの時と同様です。

=そこまでをはしょれるのがポケットWifi

Wifi接続設定のみで済む、っていうのは、ネット関係に苦手意識があるって方にもメリットかと思います。

外出先でのスマホのデータ使用量を節約できる

また、光回線と比較した場合、ポケットWifiは外出先でのスマホのデータ使用量を節約できる=スマホの月額の節約になる可能性、というのもメリットの1つです。

外でスマホを使ってYouTubeや動画配信サービスのストリーミング再生を長時間に渡って視聴する方の場合、直ぐに1ヵ月の上限に達しまうって方も多いと思います。

docomoでもauでもSoftbankでも、月間の通信容量(GB)には上限がありますので、月末付近はデータ通信量を使い切って速度が遅くなって萎えるってなってる方も多いかと思います。

そうなると、128kbpsで過ごさなくてはならず、それを回避するには、別途GBを購入して追加、ってする事になります。

もしくは、そもそもGBが問題にならない様な大容量のプランに変更したり。(月額は増加)

が、ポケットWifiを持っていれば、スマホのデータ使用量を節約できます。

ポケットWifiを使ったネット接続では、GBはポケットWifi側の契約によるためです。
(スマホ側の契約のGBは減らない)

=GB追加のための費用もかからないですし、スマホの契約を大容量プランにしなくてもOKだから費用を抑えられる

なので、「スマホのデータ使用量を抑えたいけど、やっぱり外出先でも気兼ねなくインターネットを使いたい」と考えている方に、ポケットWifiはおすすめです。

光回線では、家ではスマホの契約のGBは節約できますが、外ではスマホの契約のGBは節約できないって面があるので。

※ポケットWifiにしたら家でもポケットWifiでネット接続します。基本。パソコンもタブレットもスマホも。

光回線と比べて月額料金が安い

また、光回線と比べてみると、月額料金が安い、というのもポケットWifiのメリットです。

光回線とポケットWifiを比較してみると、次のように月額料金に差があります。

  • 光回線:プロバイダ料込みで1ヵ月4500円~6,000円程度
  • ポケットWifi:月間通信制限無しのプランで3400円~3680円程度

※月間通信制限なしのポケットWifiには、WiMAXのギガ放題プラン(3日で10GBを超えると通信制限があります。緩めです。)や、容量無制限のソフトバンクのLTE回線等があります。

WiMAXが契約できる所には「So-netのWiMAX」や「GMOとくとくBBのWiMAX」等があります。

容量無制限のソフトバンクのLTE回線は、「SAKURAWiFi!」や、「STAR WiFi」があります。

ポケットWifiのサービス毎に月額料金には違いがありますが、容量無制限なら大体3400円~3680円程度が月額です。

光回線と比べると安いです。

ポケットWifiのデメリット

ポケットWifiはとても利便性が高いのですが、次の様なデメリットもあります。

WiMAXの場合は3日間で10GBで通信制限

上述しましたが、WiMAXの場合は、月間のデータ使用量が無制限の料金プラン(ギガ放題)を選んでも、「3日間で10GB」で、通信制限が一応あります。

緩いは緩いです。

3日間で10GBはかなりのネット利用なので。

また、仮に通信制限になっても、スマホの128kbpsとは違って、1Mbps(≒1024kbps)なので、大半のネット利用は何の問題もなくできます。

また、3日で10GBを超えても、その翌日から3日で10GBを下回るまで「夜のみ(18時~26時程度)」の制限です。

=通信制限自体なりにくいし、なったとしても緩い

が、一応あるにはあるので、デメリットと言えるかと思います。WiMAXの無制限の方では。

ポケットWifiには他の選択肢として主に、ソフトバンクのLTE回線を使ったポケットWifiがあります。

ソフトバンクのLTE回線を使ったポケットWifiでは今の所は「3日間で10GB」の様な制限はないのでデメリットではないです。

ただ、異常な利用量だった場合はソフトバンク側で制限する事があります。

高層マンションの中や地下鉄などでネット速度が落ちたり繋がらない事もある

ポケットWifiは、高層マンションの中や地下鉄など、電波が届きにくい場所ではインターネットの通信速度が落ちたり、圏外なら繋がらないってのもデメリットの1つです。

工事して光回線を契約する、というのと比べた場合。

ポケットWifiは契約したポケットWifiが提供している回線のエリア内ならば使える、という物です。

WiMAXなら、auのエリアの一部が基本で、auと同じエリアは月に7GBまでは使えます。

ソフトバンクのLTE回線のポケットWifiなら、ソフトバンクと同じエリアで使えます。

なので、エリアなのかどうか、は一応デメリットとしてあります。

ただ、WiMAXもかなりエリアは広いですし(契約前に住所でエリア内かエリア外かちゃんと確認できます。)、外出先でたまにWiMAXのエリア外になったとしてもauのエリアならば月に7GBは無料で使えます。(3年の定期契約のプランの場合)

ソフトバンクも同様で、ソフトバンクのエリアもめっちゃ広いです。

=一応はデメリットとしてあるけど、大概はあまり気にする必要はない

関連:ポケットWifiのエリアってどのくらい?自分の家でも繋がる?

FPSゲームなどにはあまり合致していない

光回線と比較してみると、ポケットWifiではネット接続の安定性は劣ります。

普通のネット利用では何も問題ないですが、これはFPSゲームなどのネットゲームで、高画質でデータ通信の安定性がかなり求められる用途の場合は影響が出て来ます。

また、光回線の有線LANでの接続と比べるとネット通信の速度は遅くなります。

※ポケットWifiにも、クレードルと言って、充電器に有線LANがあって、そこにケーブルを挿して、有線でネット接続できる機能があります

また、ポケットWifiではなく、ホームルーター(≒持ち運ばないポケットWifiという感じ)にする場合にも有線LANがあります。WiMAXでは2個。ソフトバンクのLTE回線のホームルーターでは1個。

有線LANだと安定性はかなり改善されます。

通信速度は、Wifi接続ならば、光回線の時と同等・同等以上です。

光回線でルーターのWifiでネット接続する時の速度と、ポケットWifi(モバイルルーター・ホームルーター)のWifiでネット接続する時。

違約金の額は、ポケットWifiの方が高めは高め

また、光回線でもポケットWifiでも定期契約が基本あります。

2年縛りや3年縛り等。

更新月以外の解約では違約金が発生します。

この時の違約金の額は、ポケットWifiの方が高めは高めです。

なので、より定期契約を意識する必要がある、のがデメリットという感じです。

更新月の時期には登録したメールアドレスにメールが届きます。

また、定期契約はレンタルWifiの場合はない所もあります。

定期契約がないポケットWifiは、「【FUJIWifi】」や、上述した、「SAKURAWiFi!」、「STAR WiFi」等があります。

ただ、SAKURAWifiとSTAR Wifiに関しては、初期費用は高めは高めなので契約を検討する際には留意しておいて下さい。

持ち物が1つ増える

モバイルルーターにして持ち運ぶ場合は、ポケットWifiは持ち物が1つ増えるというのもデメリットっちゃデメリットです。

ただ、光回線だとそもそも持ち運べないので、ポケットWifi単体で考えた場合のデメリットって感じですが。

外出先で使いたい時はポケットWifi自体を持ち歩く必要があります。

壊れると修理費用が発生したり(自然故障は1年間はメーカー保証)、レンタルWifiの場合は弁済金が発生したりもします。

機器の故障に対してのオプションはありますが、大概は月額が有料です。

持ち運ばず、家だけでの利用って感じならデメリットにはなりません。ホームルーターにする場合等。もしくは、モバイルルーター+クレードルで主に使う、って場合等。

ポケットWifi本体の充電も考える必要がある

他には、持ち運ぶ場合は、ポケットWifi本体の充電も考える必要がある、というのも一応はデメリットの1つとしてあります。

ポケットWifiは電子機器なので、充電が必要です。(モバイルルーターの場合)

一日持たないわけじゃないので、充電を忘れた場合、です。

モバイルバッテリー持ったり(荷物増える)、もしくは、USBケーブルだけ持って充電できる所では充電ってしたり。

電池が切れたらポケットWifi経由ではネットには接続できなくなるので。

という事で、光回線と比較した場合のポケットWifiのメリットとデメリットについてでした。

これからポケットWifiを使おうと考えている方は、メリットとデメリットの両方を把握してから決める必要があります。

メリットが合致する主な対象の方は、一人暮らしの方、外でよくネット通信する方、スマホで大容量プランを契約している方、毎月スマホの通信制限にかかる方、光回線の月額が無駄に感じている方、です。

こういった方はポケットWifiの契約で月額的にも使用感的にも満足度は高いかと思います。

ポケットWifiが契約できる主な会社の主なプランと月額は以下です。

ポケットWifi 主なプラン 月額(税抜)
So-net WiMAX ギガ放題 3年の定期契約
月3380円
GMOとくとくBB WiMAX ギガ放題 3年の定期契約
1~2ヶ月目:3609円
3ヶ月目以降:4263円
キャッシュバックあり
(月1000円割引程度)
NEXTmobile ソフトバンク回線
20GBプラン
30GBプラン
2年の定期契約
2年間月2760円(20GB)
2年間月3480円(30GB)
※プラン変更不可
BIGLOBE WiMAX ギガ放題 2年の定期契約
1~2ヶ月目:3695円
3~24ヶ月目:4380円
キャッシュバックあり
(月1250円割引程度)
【FUJIWifi】 レンタルWifi
モバイルルーターのみ
ソフトバンク回線
25GB
50GB
または
WiMAXのギガ放題
定期契約なし
13ヶ月一括払い
25GB:月2180円
13ヶ月一括払い
50GB:2680円

WiMAXのギガ放題
3200円

カシモWiMAX ギガ放題 2年の定期契約(新端末プラン)
1ヶ月目:1380円
2~24ヶ月目:3580円
BroadWiMAX ギガ放題 3年の定期契約
1~2ヶ月目:2726円
3~24月目:3411円
25ヶ月目以降:4011円
SAKURAWiFi! レンタルWifi
モバイルルーターのみ
容量無制限プラン
定期契約なし
(初期費用に注意)
月3680円
(公式サイトにあるクーポンを適用した場合)
STAR WiFi レンタルWifi
モバイルルーターのみ
容量無制限プラン
定期契約なし
(初期費用に注意)
月3680円
(公式サイトにあるクーポンを適用した場合)

スポンサーリンク