オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、iTunesカードをコンビニに買いに行かなくて良くなるクレカでした。

タイミングに縛られず、AppleIDの残高を増やせる様になります。

というのも、オリコカードザポイントプレミアムゴールドを使って貯まったクレカのポイントは、iTunesギフトコードに交換できるのですが、その交換が「スマホで即できるから」です。

iTunesカードを買うタイミングが後手後手だった

私は、App Storeでアプリ買う時や、iTunesストアで曲買う時は、コンビニでiTunesカード買って残高増やして購入、ってしてました。

クレジットカードの登録はしていないので。

更に、音楽もアプリもそこまで頻繁に買うわけじゃないので、残高が減って来ても、次回何か買う時コンビニ行って、iTunesカード買って、それで購入、ってしてました。

が、これだと残高足りない場合、欲しいのがあったら後日コンビニ、ってなるのでどうしても日が空きます。

クレカ登録すれば良い話ですが、私はクレカ登録したくないので。

なので、iTunesカードを買うタイミングは常に後手後手って感じになってました。

面倒っちゃ面倒だった

買いたいのが出て来ても後日コンビニ行った時にiTunesカード買うってのは面倒っちゃ面倒でした。

次にコンビニ行く機会まで待たなきゃでしたし、カード買う事自体も忘れない様に意識しなきゃだったので。

どうしてもすぐ買いたい!って物の時は、夜でもコンビニ行って、iTunesカード買って残高増やす、ってやってました。凄くめんどくさいですが。

今の状態

オリコカードザポイントプレミアムゴールドを作ってからは、残高足りなくなったら、オリコのアプリ開いて、クレカのポイントを交換、メールでコードが届く、コードを使う、アプリや曲を購入、と思い立った時にすぐできる様になってます。

  • 欲しくなった時にすぐ買える
  • 買うタイミングに縛られなくなった
  • アカウントの残高を気にしなくて良くなった

ので、かなり楽です。

部屋にいながらにして

ネットで完結、なので場所に縛られませんし、自宅でできる、のがかなり便利です。

コンビニ行かずに済みますし、夜でも、部屋にいながらにしてiTunesカードが手に入る様なもんなので。

iTunesギフトコードへは500ポイントから

オリコのアプリでは、クレカ利用で貯まったポイントが「500ポイントから」、iTunesギフトコードに交換できます。

1対1での交換です。500ポイント=500オリコポイント。

交換単位は決まっていて、500ポイントと1500ポイント、があります。

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは高還元のカードなので、ポイントは普通に貯まります。

電子マネーダブル搭載で使えるお店も多いというのもあって。

※今は、【SBIネオモバイル証券】の口座を作成したってのもあって、Tポイントに交換して使ってます。

まとめ

という事で、オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、iTunesカードをコンビニに買いに行かなくて良くなったクレカでした。

コンビニ行かずに、自宅で交換でき、残高増やせるので、面倒さがなくなる&その分の時間の節約&欲しくなったら即アプリや曲を購入できる(人によってはゲームの課金もちゃんとできる)、って感じなのが、作成の時は意識してなかった部分ですが、かなり便利な所でした。

ちなみに、これはノーマルの「Orico Card THE POINT」でも同様のメリットとしてあります。ポイント交換できる種類は同じなので。

ネット通販の代引きやコンビニ払いが面倒に感じたり手数料が気になり始めたら早めにクレカを作成」でも書きましたが、買い物にあたっての面倒さが減るのはやっぱりかなりのメリットでした。

スポンサーリンク