ネット通販でクレジットカードを使うのが怖い等の理由で、代引きだったりコンビニ払いを使ってるって方もいると思います。

私もネット通販を使い始めた当初は代引きやコンビニ払いを使ってました。

が、代引きは現金を用意しておかなくてはなりませんし、コンビニ払いはもちろんコンビニに行く必要が出て来ます。

更に、どちらの支払い方も手数料がかかります。

そこまでネットで買い物しないって場合は、これらの支払い方でも良いとは思いますが、ある程度ネット通販を使う様になって、代引きやコンビニ払いが面倒に感じたり手数料が気になり始めたら早めにクレカを作成した方が良いです。

そのまま代引き・コンビニ払いで過ごすのではなく。

毎回現金用意、毎回コンビニに行く、のは面倒な部分がありますし、毎回手数料かかる、のはもったいないので。

現金用意は手間も時間もかかる

ネット通販でずっと代引きで済ませていくと、ネットで買い物するたんびに、現金を用意しておく事になります。

そうすると、手持ちがないなら、ATM行っておろす事になります。

コンビニ行ったり、銀行行ったり。

ネット通販での買い物はある程度の額になりやすいので、必要な現金がないって事はままあると思います。

その際に、使う銀行のランクとか、おろす時間帯によっては、ATM手数料がかかります。

コンビニや銀行行っておろす=手間も時間もかかる

で、これから先もネット通販を使うならばATM手数料が積み重なっていきます。

ちなみに、代引きはちょうどの支払いじゃなくてもお釣りは出ます。

コンビニ払いは行く必要が出て来るし期間があく

また、ネット通販やネットサービスの支払いでコンビニ払いを使う場合は、買い物の度にコンビニに行く必要が出て来ますし、代金を支払うまでに期間があきます。

私も当初はサイトによっては割とコンビニ払いを使ってました。

LCC等の航空券代の支払いや、GDO(ゴルフ関係)とかのチケット代だったり。

ファミマやローソンに行って機械で番号打ち込んでレシート出して支払うってタイプの支払い方です。

やってる方は分かると思いますが、これは色んなメリットはもちろんありますが、手間と時間は結構かかります。

スマホで番号書かれている画面をスクショしたりメモしておいて、それをコンビニの機械に打ち込んで支払う、って形なので、まずコンビニに行かなきゃなりません。

急いでない物の支払いなら、後日コンビニ行った際についでにやればOKですが、「欲しい!ってなった物」とか「数が限定されてる物」の代金を払う時は、わざわざ支払いのためにコンビニに行くって状態になるので、面倒な時も割とあります。

後日行こうが、頑張って当日行こうが、支払いを終える=申し込み内容を確定させる、までに期間はあいちゃいます。

どちらも手数料がかかる

「代金引換払い」は配送会社(ヤマトとか佐川とか)等による、代金収納代行サービスを使ってるって事なので、「代引き手数料」がかかりますし、コンビニ払いも手数料がかかります。

銀行振込の場合なんかも同様で、振込手数料はかかります。ネットバンキングにログインするのも手間っちゃ手間な面はありますし。

ネットショッピングのし始めの時は、そこまで利用頻度多くないと思うので、手数料はそこまで負担に感じない事はあると思いますが、一度ネット通販(Amazonとか、楽天とか)使い始めたら、どんどん使う場面は増えていくと思います。

ネットだと基本安いですし、家まで届けてくれて楽ですし、比較検討する際も簡単で便利なので。

通販じゃなくても、ネットで申し込めるサービスなんかも、PCやスマホですぐできるので、一回使うとその後は回数増えると思います。

買い物・登録の頻度が増えれば、それだけ、負担が大きくなって来ます。

毎回、手数料分多めに払う&手間もかかってる、って事なので。

なので、ネットショッピングの頻度が増えるならクレカを早めに作った方が良いです。

早ければそれだけ手数料や労力の負担が減るので。

何よりネット通販の敷居が下がる

普通にクレカ払いにすると、何より、ネット通販の敷居が下がります。

現金用意面倒だな~、コンビニ行くの面倒だな~、が出て来なくなりますし、手数料もったいないよな~、が出て来なくなるので。

無駄に買い物する様になるわけじゃなく、ネット通販で買った方がお得&便利って物が出て来た時に、上記の様な理由で、その買い物を先延ばしにしなくて済みます。

クレカを作った後も併用すればOK

クレカを作ったら、ネット通販のサイトどれでもクレカ払いを使うわけではなく、「何回も使う所」とか「有名所」とかはクレカ払い、「利用した事ないサイト」、「マイナーな物買いたいけど知らないサイトしか扱ってないって時」等は、代引きやコンビニ払いにする方が安心です。

特に、代引きは、後払い的に、先に商品が届いてからの支払い、で安心なので。

知らない所からでも「届いたのが確定してから」ってのが代引きのメリットなので。

ネット通販でクレカ使うのが不安って時

ネット通販でクレカ使うのが不安って事があると思いますが、クレカは、

  • 不正利用は60日前までさかのぼって補償
  • スマホのアプリで利用明細簡単に見れる
  • カード番号だけじゃなく裏面のセキュリティーコードの入力もある
  • 本人認証サービスが使えるサイトもある

ので、安全面にもちゃんと配慮されてる決済方法です。

関連:初心者の方向けの初めてのクレジットカードの使い方

更に、クレカによっては、ショッピングガード保険っていう大概90日までの早期の偶然の事故による損害を補償してくれる保険もあります。

利用枠は自分で減らせる

また、クレカ払いできる上限額(利用枠)は、自分で減らす事が可能です。

例えば、80万円の利用枠の状態のクレカを、30万円の利用枠に減らす、等が可能です。

なので、心配があるなら利用枠を減らす申請(減枠申請)をして使えば最初の内の心配は減らせると思います。

ただ、増枠(利用枠を増やす)には審査があるので、すぐ元の額に戻せるわけではない事には注意して下さい。

関連:クレカのショッピング枠とキャッシング枠って何?

後々どうせ作る可能性がかなり高い

また、ネット通販の利用し始めの時期に代引きやコンビニ払いを使っていたとしても、クレジットカードは後々どうせ作る事になると思います。

ネット通販で使うのはもちろんの事、月額払いのサービスや固定費の支払いで使う等々、何かしらでクレジットカードが必要になる可能性がかなり高いので。

Tポイントを併用して投資ができるSBIネオモバイル証券なんかもクレジットカードが必須です。

「クレジットカードを作らない」って選択肢は、ほとんどないかと思います。

なら、必要が出た時に早めに作っておくと、作らずに長年過ごす場合と比べてその分ポイント分の差が出て来ますし、使い方の慣れ方も違って来ます。

デビットカードはクレヒスが築けない

クレカはなんとなく嫌だからデビットカードを検討してるって場合は、ネット通販だけなら(一回だけの支払いで済む買い物なら)、デビットカードだけでも大きな問題は出て来ないとは思います。

が、デビットカードはクレヒスが築けないって事と月額払いのサービスでは使えない事があるって事には注意して下さい。

また、上述した様に、クレジットカード作らない、って選択肢はほぼほぼないと思うので、私はクレカを作っておいた方が良いかと思います。

一枚もクレカ持ってない状態である程度の年齢になると作りにくくなるって面もあるので。

心配ならデビットカードとの併用はもちろんアリです。

で、いくらでも良いのでクレカは毎月何かしらの支払いには使う、としておきます。

まとめ

という事で、ネット通販使い始めて代引きやコンビニ払いを使ってるけど、現金の用意が面倒、とか、コンビニ行くの面倒、手数料が嫌等、代引きやコンビニ払いの手間が面倒に感じたり手数料が気になり始めたら、早めにクレカを作成するのがおすすめです。

ネット通販でよく使うのがAmazonならJCB CARD Wがおすすめのクレカです。

楽天市場をかなり使うならば楽天カードが普通におすすめです。

スポンサーリンク