クレジットカードを作る場合、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」っていう言葉の違いがよく分からないって事があると思うので以下に記載します。

ショッピング枠は引き落としまでに買い物や支払いに使える合計額の事です。

キャッシング枠は、クレカ会社にお金(現金)を借りられる額の合計額の事です。(ATMで現金を引き出し、や、ネットで申請し銀行口座に振り込まれる)

ショッピング枠はクレカを作成すれば必ずつく物なので、自分でつける・つけないを判断する必要はありません。

キャッシング枠は自分が必要・不要を判断してクレカ作成時に申し込む物です。クレカでお金を借りる気がないならばつける必要はない物です。私はつけません。

ショッピング枠

ショッピング枠は、普通にイメージするクレカ払いに利用できる合計額の事です。

ファミレスでの支払い1,500円、コンビニでの支払い500円、携帯料金の支払い1,600円等々。

クレジットカード作ったら、こういったクレカでの支払いに自分がいくらまでなら使えるのか、上限の額が決まっています。

同じカードでも人によっていくらまで使えるかは異なり、上限の額をいくらまでにするかはクレカ会社側が決定します。

申込時に範囲が確認できる事も

作るクレカのショッピング枠がどの程度なのかは、範囲としてですが、申込時に確認できるクレカもあります。

「30万円~100万円」とか、「10万円~80万円」とか、「~300万円」とか、です。

「10万円~80万円」のクレカならば、ショッピング枠が「10万円」で発行される事もありますし、「30万円」の事もありますし、「80万円」の事もあります。

自分が作る場合にショッピング枠がこの枠内のいくらになるかは、クレカ作成時のクレカ会社側の審査等によって決まります。

審査基準は明示されてないですが、携帯の分割払いの支払い遅延もないし、他のクレカの支払い遅延もない、勤続年数も問題ない等々、「じゃ、この人には◯万円」みたいな感じで。

クレカ会社的には「引き落としまでに使われる額=一時的に立て替える額」がリスクなので、それがちゃんと回収できる人なのかを審査、と言う感じです。

自分のショッピング枠がいくらなのか

クレカを作ったとして、自分のショッピング枠が実際にいくらなのかはカードが届いたら分かります。

例えば、30万円のショッピング枠、80万円のショッピング枠、等です。

月じゃない

ショッピング枠30万円というと毎月30万円まで使えるの?って思う事があるかもですが、30万円毎月は使えません。

引き落とされてない額の合計(クレカ会社に立て替えてもらってる額の合計)が30万円までならOKという意味合いです。

例えば、銀行引き落とし日が毎月27日で、1日~月末締めのクレカの場合、
4月1日~4月30日で使った額は5月27日に登録した銀行口座から引き落とされます。

5月1日~5月31日で使った額は6月27日の引き落としです。

例えば、4月中に10万円クレカ払いをします。=10万円をクレカ会社に立替払いしてもらってる状態。

この場合、5月1日時点でのショッピング枠は30万円-10万円で、「20万円」に減ります。

翌月に入ったら、5月1日~5月26日は20万円までクレカを使えます。

毎月30万円使えるわけじゃない

引き落としで回復

ショッピング枠は銀行引き落とし(クレカ会社が回収)できたら、またその引き落とし分、ショッピング枠が回復します。

5月1日~5月26日の間にクレカ払いしてる分があるので、上限の30万円になるわけではないです。

5月1日~5月26日にクレカ払いした分が8万円なら、22万円まで回復します。

30万円-8万円。

30万円-10万円(4月分)-8万円(5月26日までの分)から、5月27日に4月分引き落としで、枠としては+10万円分なので、22万円になります。

クレカ利用は、これが続きます。

今どんだけ残ってるかはアプリなどで確認可能

クレカを使っている間、あとどのくらいショッピング枠が残ってるかは、アプリ等マイページで確認できます。

増枠申請もあるし、減枠もできる

ショッピング枠は増枠申請もできますし減枠もできます。

これもマイページからできます。もしくは電話等。

例えば毎月ショッピング枠がギリギリってのが続いている、という時等は、毎回気にしながら買い物しなきゃならないので大変です。

そういう時に増枠申請すると、今までの支払い実績やその時点の年収等加味して審査してショッピング枠を拡げてくれたりします。

増枠に関しては、必ず通るわけではないです。

他にも大きい買い物の予定がある、とか、海外旅行など、一時的に増枠、というのもあります。

また、長年使っていると、自動でショッピング枠が増えているという事もあります。

減枠に関しては、申請すれば基本通ると思います。

私がやった時はアプリからやってすぐ減らせました。

ショッピング枠の額を減額するのは、「ショッピング枠がこんなあんのは不安」とか、他のクレカ作る際等に「持ってるクレカのショッピング枠の合計が多い」みたいな時に前もって減枠しておいて他のクレカに申し込む、としたりする事があります。

キャッシング枠

キャッシング枠は、クレカ会社からお金を借りられる枠の事です。

キャッシング枠は、カード申込時につけるかつけないかを自分で記入します。

キャッシング枠をつけない場合は、希望しないorキャッシング枠0円として申し込みます。

つけたい場合は、希望する額を入力or選択して申し込みます。希望の枠がつくかは審査で決まります。

また、つける場合は収入証明書の提出が必要です。法律で年収の3分の1までがキャッシングの借入、と決まっているので。

クレカを初めて作る場合等は、つけるかつけないか迷う事があると思いますが、クレカでお金をクレカ会社から借りないならキャッシング枠は0で良いです。=つけない。

私はキャッシング枠はつけないです。

キャッシング枠をつけた場合にお金を借りるには、ATM等でカードで現金を引き出します。もしくは、ネットのマイページや電話等で申請して自分の銀行口座に振り込んでもらいます。

キャッシングは、お金を借りる、事なので、返済していく事になります。

その際、利息を払う事になります。

金利がどのくらいかは、作るクレカの会員規約に記載されているので確認して下さい。

また、キャッシング枠を使った場合は、ショッピング枠も減ります。

ショッピング枠30万円でキャッシング枠5万円で、5万円借りたならば、ショッピング枠は25万円になります。

まとめ

という事で、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠についてでした。

ショッピング枠=買い物等々クレカ払いで使える額の限度。

キャッシング枠=クレカ会社から借りられるお金の額の限度。

ネット通販でクレジットカードを使いたい、とか、コンビニでクレカ使いたい、固定費をクレカ払いにしたい、等々はショッピング枠です。

クレカでお金借りないなら、ショッピング枠「のみ」での申し込みでOKです。

「のみ」にするなら、「キャッシング枠0円(キャッシング枠をつけない)」で申し込みます。

私はキャッシング枠はつけません。

つける・つけない、は、具体的な利用用途が頭に思い浮かばず、漠然と「つけといた方が良いかな?大は小をかねる的な」って感じならつけなくて良いです。必要性が必須なわけではなく、何となく備えておきたいって感じなので。

具体的な利用用途が頭に思い浮かんで、つける・つけないで迷う場合には、一時的な支払いの事を考えてつけようと思っているのか、頻繁にある支払いの事を考えてなのか、で判断するのが良いと思います。

日々の生活資金(一時的じゃない常態化しているお金)の支払いを借りたお金でまかなうというのは、借りなきゃならない時点で、生活水準と収入がその時点では見合ってないという事なのに、更に金利分の支払いがあり、その月も同じ様に生活資金がかかり、同様に足が出て、借りて、更に金利分の支払いも、ってのが続く事になります。

なので、キャッシング枠は、一時的な支払いのため、という性質の物です。

が、あるなら、カツカツの時に、切り詰め・見直し、じゃなく、利用、を選びたくなっちゃう事があると思います。

なので、初めてや2枚目のクレジットカードの場合は特に、キャッシング枠はつけないのが推奨です。

なければ利用しようがないので。

つけたくなったら、金利はどんくらいか、何のためなのか(どういう性質の費用の補填なのか)、自分自身でちゃんと必要って事が明確になっていて、その時点で必要性を感じた時のみで良いと思います。

年会費無料のクレカの内、ネット通販でAmazonの利用が多いならJCB CARD Wがおすすめです。

→「JCB CARD Wのカテゴリ

楽天の利用が多いなら普通に楽天カード系がおすすめです。

詳しくは、「楽天市場でよりお得に買い物するやり方」をご覧下さい。

スポンサーリンク