Amazonで買い物をする際に、Amazon本体、Amazon自体から買ったと思ったのに、違って、知らない内に業者さんから購入してたってなる事があると思います。

それを避けるには、商品をカートに入れる時に、「〇〇が販売し、〇〇が発送」って部分に注意すればOKです。

分かってて業者さんから買うのは何も問題ないですが、知らずにそうなっちゃってた、って時の買い物の時の注意の仕方です。

※この記事では、法人も個人も含めて、「業者さん」としています。

スポンサーリンク

Amazonは「販売」と「発送」で考える

Amazonで買う時の、販売、発送、には以下のパターンがあります。

  • Amazonが販売もしてるし、発送もしてる
  • 業者さんが販売していて、Amazonが発送している
  • 業者さんが販売もしてるし、発送もしている

Amazonが販売・発送

「Amazonが販売・発送」は商品の仕入れ等々含め、販売はAmazonが行い、注文が入った時の発送もAmazonが行うって物です。

Amazon本体から買いたいって場合は、商品を入れる時に、この状態になってる時にカートに入れればOKです。

文言としては、以下の様に、商品名の下やカートに入れる所の上に出ます。

在庫あり。
この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。

これは、Amazonプライム会員なら、お急ぎ便無料等で買える商品の状態です。

この場合の商品の販売価格はAmazonが決めています。

これを「パターンA」とします。

業者さんが販売していて、Amazonが発送している

業者さんが販売していて、Amazonが発送している、というのは、商品名の下に以下の様な文言が出ている物です。

在庫あり。
この商品は、〇〇〇〇が販売し、Amazon.co.jpが発送します。

これは、商品の仕入れは業者さん〇〇〇〇で、発送はAmazonです。

Amazonは販売場所(Amazonのサイト上)の提供をしていて、更に、倉庫(こっちはリアルの倉庫)も提供しています。(保管に手数料あり、販売時手数料あり)

業者さんだったり、個人が商品を仕入れ、それを指定されたAmazonの倉庫宛に納品します。

そうすると、商品が売れた時には、Amazonがその商品を発送してくれる、ってサービスです。

「この商品は、〇〇〇〇が販売し、Amazon.co.jpが発送します。」はこのパターンです。

このパターンでは、商品自体(物自体)は、Amazonの倉庫にある事が確定しています。

また、Primeマークもついていて、Amazonのプライム会員なら、お急ぎ便無料等も使える状態です。

ただ、支払い方法は限定されている事はあります。コンビニ決済がない等々。

このパターンの商品の販売価格は業者さんが決めています。

このパターンでは、「〇〇〇〇が販売」、の〇〇〇〇の部分をクリックして、その業者さんの評価のページに行って、問題ないならカートに入れる、とするのが良いです。

Amazon本体から買ったと思ってたのに違って業者さんだったって場合は、主にこのパターンです。

なので、商品をカートに入れる時に、在庫あり、の下の文言を確認する様にして下さい。

これをパターンBとします。

業者さんが販売、業者さんが発送

Amazonでは、業者さんが販売、業者さんが発送ってパターンもあります。

このパターンの文言は以下です。

在庫あり。
この商品は、〇〇〇〇が販売、発送します。

このパターンでは、地域によっては、配送料無料の事もありますが、送料がかかる事もあります。

また、支払い方法も限定されている事もあります。コンビニ決済がない等々。

販売価格は業者さんが決めています。

ただ、このパターンではAmazonから買ったと思ったのに、ってなる事はないと思います。

送料かかったり、+配送料無料、等でいつもと表記が違って、業者さんからの購入って分かった上での購入になると思うので。

デフォルトがパターンBの時がある

AとBのパターンでは、在庫状況だったり、販売価格だったり、で、その商品のページを開くタイミングで、どっちがデフォルトの状態で表示されるか異なる事があるので注意して下さい。

例えば、Amazonの販売価格が2000円(パターンAでAmazonが販売価格を決定)、業者さんが1980円(パターンBで業者さんが販売価格を決定)って商品があるとします。

この時に、価格がAmazonより安いので、ページを開いたタイミングによっては、「業者さんが販売していて、Amazonが発送」のパターンBの1980円がデフォルトで表示される事もあります。

Amazonが販売、発送のパターンの2000円が表示される事もあります。

タイミング次第です。

また、他にも、Amazon自体(パターンAでの販売)のその商品の在庫状況が「1~2ヶ月で入荷」とかの物だと、既にAmazonの倉庫に納品してあるBのパターンがデフォルトで出ます。

Bパターンならすぐ発送できるので。

こういう、デフォルトでパターンBが出る物の時に、Amazon本体から買ったと思ったのに知らない内に業者さんからだった、ってなる事があります。

「新品の出品」の所をクリックしてAmazonの所の「カートに入れる」を使うのもあり

上記の様な時に、「この商品はAmazonから買いたいんだよな~」ってなった場合には、以下の様にします。

  1. 商品ページの価格の下ら辺にある「新品の出品」の所をクリックする
  2. 「販売/出品」の項目の所が「Amazon.co.jp」ってなってる所を探す
  3. 「Amazon.co.jp」ってなってる所の右端にある「カートに入れる」をクリックする

こうすると、販売も発送もAmazon自体、の状態で買い物できます。

ただ、この場合は、値段が高かったり、納期が遅かったりって事はあるので注意して下さい。

それを避けるためなんかの理由で、デフォルトがパターンBの時があるので。

他の業者さんにしたい場合も同様

また、業者さん販売のにしたいけど、評価等を見て、目当ての業者さんが他にいるって場合も、同様のやり方で好きな業者さんから購入できます。

  1. 「新品の出品」の所をクリックする
  2. 目当ての業者さんの所の右端にある「カートに入れる」をクリックする

この流れで、カートに入れれば、その商品をその業者さんの販売で購入する事ができます。

この際には、発送がAmazonが良いなら(販売は目当ての業者さん)、価格表示の横に「Prime」ってマークがある物にして下さい。

そうすると、Amazonに納品されていて、発送自体はAmazonって事が分かります。

注文を確定する時にも確認可能

また、販売・発送、が誰なのか(Amazonなのか業者さんなのか)は注文を確定する時にも確認可能です。
(住所やクレジットカードが出て来る画面)

ここでも、販売、発送がAmazonなのか、業者さんなのか、確認できるので、自分の意図した状態になっているかは確認する様にして下さい。

という事で、Amazon本体から買ったと思ったのに違う業者さんだったってのを避けるには?って事に関してでした。

「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」
なのか
「この商品は、〇〇〇〇が販売し、Amazon.co.jpが発送します。」
なのかに注意して買い物する様にすれば意図しない状態ってのは避けれます。

Amazonからが良いのならば、「Amazon.co.jpが販売、発送」の時にカートに入れる、もしくは「新品の出品」のページに進んでAmazon.co.jpの所からカートへ入れればOKです。

業者さんもOKならばどっちの状態でもOKです。

Amazonでお得なクレジットカードの紹介

39歳以下でAmazonをよく使うなら40歳までに「 JCB CARD W 」!

JCB CARD WはAmazonで2%または2.4%の高還元のクレジットカードです。(2019年5月下旬以降はAmazon本家のポイント1%もつくので、3%または3.4%になります。変更がなければ。)

年会費無料。

他にも、このカード1枚あるだけで、セブン-イレブンが2%または2.4%、昭和シェル石油が1.5%または1.8%の高還元。

後払い式の電子マネーQUICPayの形態も、モバイル、カード型、キーホルダー型等、自分が使いやすい状態で、日常的にキャッシュレス決済ができるクレジットカードです。

貯まったポイントは時期を合わせてnanacoに交換して使う、またはTポイントに自動交換して使う、のがお得です。

HPはこちら→JCB CARD W


スポンサーリンク