JCB CARD WやJCB CARD W plus Lは年会費無料で、内容を調べるとめちゃくちゃメリットいっぱいって感じると思います。

が、そうなると「何か気付いてないデメリットがあんのかな?」って思う事があると思うので、私が思うデメリットを記載します。

JCB CARD Wはこちら

年齢制限がある

JCB CARD Wは申し込みできるのが、18歳以上39歳以下、と年齢制限があります。

これは最大のデメリットと言えるかもです。

申し込み時点での年齢が上記であれば良く、使い続けるのは40歳以上になった後も可能です。

紙の明細書がない

JCB CARD Wは自動的に「MyJチェック(カード利用代金明細書送付停止の案内)」に登録されるので、紙の利用明細は郵送されては来ません。

なので、ネットやアプリから「MyJCB」で確認する事になります。

印刷は可能です。

国内のショッピングガード保険がない

JCB CARD Wは、国内はショッピングガード保険がついていません。

ショッピングガード保険は、対象商品なら、買った物の90日以内の偶然な事故による損害を補償、っていう保険です。(自己負担金があり、必要書類の提出が必要)

海外での買い物に対してはついていますが、日本国内での買い物についてはこの保険はついてないです。

国内もつけられますが、その場合は、支払い名人(自動でリボ払い)への登録が必要です。
毎月の支払いが設定した一定額になるけど、デメリットとして手数料がかかる支払い方。

このショッピングガードは年会費無料のクレカにはついてないのも多いです。

楽天カードとかOrico Card THE POINTなんかもないです。

が、あるのもあるので、全部入りからは外れた所って感じです。

※ショッピングガードは「不正利用」に対しての物じゃなく自分で購入した物に対しての保険です。万一の時の不正利用に関してはJCB CARD Wはちゃんと補償されます。

優待・割引サイト

JCB CARD Wは、JCB ORIGINAL SERIESパートナーのグルメ・サービス・ショッピングとして、実店舗でもポイント付与のはありますが、映画とか、レジャー施設とかの分かりやすい「優待・割引サイト」はないです。

これも大概の年会費無料のクレカにはないです。

が、探せばあるので、これもデメリットと言えるかも知れません。

なので、こういったのを使いたい場合は、他での補填が必要です。

年会費無料なら以下の様なクレカにあります。

  • エポスカード(年会費無料)の「エポトクプラザ」
  • 横浜インビテーションカード(年会費無料)の「J’sコンシェル」

クレカ以外にも以下の様な物でも補填できます。

  • BIGLOBEモバイル(格安SIM)の「BIGLOBE Club off」
  • ジャパンネット銀行で残高10万円以上等の「JNB クラブオフ」

ちなみに、「BIGLOBEモバイル」は、画質はちょい下げた状態ですが、YouTube等を見放題にできるオプションがある格安SIMで、結構特色がある所です。ビッグローブは今はKDDIの子会社です。

nanacoチャージでポイントがつかない部分

また、JCB CARD Wはnanacoにチャージはできますが、ポイントは付きません

これも、つかないクレカの方が多いですが、探せばあるので、一応全部入りからは外れたって言える部分です。

※追記:nanaco払いでの還元率が大概の店で200円につき1ポイントになったので(以前は100円につき1ポイントも結構ありました。)、nanacoチャージでポイントつかないってのはそこまでデメリットじゃなくなりました。

nanacoチャージでポイント欲しい場合、補完するには、サブ等として以下の様なクレカを作る事になります。

  • セブンカード・プラス(年5万円以上の利用で無料)チャージで0.5%
  • ヤフーカード(年会費無料)チャージで0.5%
  • リクルートカード(年会費無料)チャージで1.2%(月3万円までのチャージ)

海外保険が利用付帯

また、JCB CARD Wは海外旅行保険も利用付帯です。

海外旅行行く際に、公共交通・航空券代等での支払いにJCB CARD Wの利用で保険を適用

これも、「利用付帯」どころか、付かないカードもある、ので、大きなデメリットとは言えないですが、中には年会費無料で自動付帯(旅行時に使わなくても適用)のクレカはあるので、全部入りからは外れてる部分です。

年会費無料で自動付帯のカードは上述したエポスカードやハマカードがあります。

年利用額によるボーナスポイント的なのはない

JCB CARD Wは年間の利用額におけるボーナスポイント的なのはないです。

ないのはデメリットと言えますが、ある場合、基本の還元率が微妙、みたいな面はあるので影響でかい部分じゃないです。

JCB CARD Wはそもそもの還元率が良いカードなので。利用額に関わらず。

国際ブランドがJCBのみ

JCB CARD WはJCBのプロパーカードなので当たり前ですが、国際ブランドはJCBのみです。

他に選択肢はありません。

これは人によってはデメリットと言えるかもです。

既に国際ブランドがJCBの提携カードを持ってる、とか海外旅行で使うクレカを探してる、みたいな時等。

国内(日本でのカード利用)においては、JCBは何の問題もないです。wikiによると2007時点ではJCBは国内シェア1位だった様。

関連:クレカを作る時の国際ブランド選びで違って来る事(VISA、Mastercard、JCB等)

ポイント交換レートが良いのが限られる

JCB CARD W/plus Lに限らずですが、JCBのokidokiポイントが貯まるカードは、ポイント交換レートが良いのが限られるって面はあります。

JCB CARD Wを還元率1%で使うなら、okidokiポイント1ポイントが5円相当の物に交換する必要があるのですが、1ポイント5円相当で交換できる物は以下です。

  • nanacoポイント
  • Tポイント(らくらく自動移行コース)
  • JCBプレモカードへのチャージ
  • ビックポイント、ビックネットポイント
  • ジョーシンポイント
  • ベルメゾンポイント
  • セシールスマイルポイント
  • JTBトラベルポイント

使いやすいのは、nanacoポイント、Tポイントかな、と思います。

nanacoはセブン系列の他に「nanaco」が使える所で使えますし(マクドナルドやエクスプレス、快活クラブ等々)、「Tポイント」もファミリーマート、エネオス等々で使えます。

逆にこれらが使えるお店を使わないって方にとってはやっぱりデメリットになります。普段使いできるポイントに交換しにくくなるので。

ただ、逆に交換レートが高い以下のもあります。

  • 不定期・今の所恒例の1ポイント6nanacoポイントのnanacoポイント
  • 1ポイント3マイルのJALマイル、デルタ航空のスカイマイル

JCB CARD W作ったら、クイックペイは何かしらで使える様にすると思いますし、その際のおすすめは、nanacoカードのクイックペイを使える様にした「QUICPay(nanaco)」です。
(キャッシュレス決済です。)

nanaco使える物を持つ事になる。

ので、JCB CARD Wを使い始めたら、不定期ですが、1ポイント=6nanacoポイントの時に交換するのが良いと思います。

この場合、JCB CARD Wの基本還元率が1.2%で使えてる事になります。

通常5×1.2倍=6なので。

となると、Amazonが2.4%の還元率ですし、セブン-イレブンが2.4%の還元率、エネオス(旧エクスプレス含む。エッソモービルゼネラルのセルフスタンド)が1.8%の還元率になる、とかなりの高還元カードになります。

セブン-イレブンはQUICPay(nanaco)なら、「2.4%+約0.5%+nanacoボーナスポイント」の還元率で使えます。超がつくレベルの高還元になります。

関連:JCB CARD Wのポイント交換はnanacoの交換レートアップ時にやると還元率1.2倍

JCB CARD Wのデメリット的な部分のまとめ

という事で、JCB CARD Wのデメリット的な部分についてでした。

JCB CARD Wは年会費無料のクレジットカードにおいては、全部入りに近いクレカですが、上述した様な部分は入っていません。

=そこが問題ないならデメリット<<<メリットで使えるカード

再度記載すると以下の様な部分が、人によってはデメリットになり得ます。

  • 年齢制限
  • 紙の明細書が届かない
  • 国内のショッピングガード保険がない
  • 分かりやすい優待・割引サイトがない
  • nanacoチャージでポイントがつかない
  • 海外保険が「利用」付帯
  • 年利用額によるボーナスポイント的なのはない
  • 国際ブランドがJCBのみ
  • ポイント交換レートが良いのが限られる

これらは以下の様な状態ならデメリットが薄れます。

JCB CARD Wのデメリット 対処方法
年齢制限がある部分 やりようなし
18歳~39歳なら〇
紙の明細書が届かないって部分 アプリやネットで見れれば良いなら〇
自分で印刷する
国内のショッピングガード保険がない部分 高額な物はその商品自体の保証に入る
もしくは他のショッピングガード保険があるクレカで買う
優待・割引サイトがない部分 その他の「優待・割引サイト」があるクレカやサービスで補完する
nanacoチャージでポイントがつかない部分 現金チャージのキャンペーンの時に現金でチャージ
もしくはnanacoのクレジットチャージでポイントが貯まるクレカをサブで作成
海外保険が利用付帯な部分 海外旅行時にはJCB CARD Wで航空券、公共交通代を払う
もしくはその他の自動付帯のクレカを作成する
もしくは海外旅行に行かないなら無用
年利用額によるボーナスポイント的なのはない部分 やり様なし
利用額に関わらずJCB CARD Wは高還元って事で納得する
国際ブランドがJCBのみ 他のクレカはVISA、Mastercardで作成する
切り替えれるクレカは切り替えも検討
ポイント交換レートが良いのが限られる nanacoカード作成、Tポイントカード作成
nanacoは交換レート良い時期に交換

JCB CARD W/plus Lのメリットは、「1.年会費無料」で、「2.ETCカードも年会費無料」で、「3.基本の還元率が高く」、更に「4.特約店がちゃんとあり」、「5.後払い式の電子マネーが使えて種類も多数」、それでいて「6.JCBでの信用実績が貯まる」、っていうのが主な部分です。

nanaco交換レートUP時に常にポイント交換するならば、基本の還元率が1.2%になり(固定費・月額サービスが1.2%)、ネット通販も還元高く中でもAmazonは2.4%の高還元、コンビニならセブン-イレブンが2.4%(+約0.5%+ボーナスポイント)と高還元、ガソリンスタンドはエネオスやエッソモービルゼネラル等が1.8%(+会員価格が可能)と高還元です。

後払い式の電子マネーとしてQUICPayが使え、種類が多数です。ナナコカードのQUICPay、スピードパスプラス(キーホルダー型)、QUICPayコイン(コイン型)等々。

これらのメリットと、上述した様なデメリットを比較検討して作成するかしないか決めるって感じになります。

とりあえず私はおすすめのカードです。

JCB CARD Wはこちら

スポンサーリンク