クイックペイを知って興味が出た時に「クイックペイって財布に入れたまま払えるの?」って疑問が出る事があると思います。

出来るなら便利そうだから、対応クレジットカード作ろ、みたいな感じで。

結論的には、クイックペイは、財布の中に入れたままでも薄けりゃ大概払えます。

財布のカード入れの一番外側に入れて、そのままタッチする部分の厚みが薄ければ。

ただ、それでも100%ではないですが。

エラーになったり。

その場合は、カードを出してタッチする事になります。
(一度エラーになった場合でももう一回操作してもらって支払えます。)

これは、カード型でクイックペイを使う場合の話です。

カード一体型なら「Orico Card THE POINT」、専用の別カードなら「JCB CARD W」がカード型でクイックペイが使えるクレジットカードです。

店舗の読み取り機次第な面も。

ただ、財布の中に入れたままで払えるかどうかは、店舗の読み取り機次第って面はあります。

形や置き場所的に、財布のままではタッチしにくくて反応しない、とか、他のICチップカードも読み取ってエラーになったり。

コンビニや、ガソリンスタンドは大概OKです。

これも店舗の導入機器次第って面はありますが。

薄いケース自体を財布に入れるのもアリ

財布の中に入れたままクイックペイで払いたい目的が、できるだけクレカを外に出したくない、とか、券面がちょい気になるとかの場合には、クイックペイのカード用に薄いケースを買って、それを財布に入れとく、のでも解決できます。

定期券入れ的な物など。

クイックペイ払いする時はそのケースを財布から出して、「そのケースごと読み取り機にタッチ」すれば「クイックペイ♪」って鳴って払えるので。

財布変えるなら適したのを

クイックペイ等電子マネーの事を考えて、財布変えるのも考えている場合は、適したのを選べば、財布の中に入れたままでもほとんど問題なくクイックペイが使えます。

できるだけ外側にカード収納部分があり、その外側の材質も薄い様な物だとほぼOKです。

私は、長財布で、カード収納部分が両側にあり真ん中が小銭を入れる箇所で仕切りになっている様な財布を使っているので、クイックペイのカードとその他ICチップ付カードを離れる様に入れて使ってる状態です。

財布に複数のICチップ付カードが入った状態での使用ですが、これであんまりエラーは出ません。

本当のホントにたまに読み取りエラー。って感じです。

「本当のホントにたまに。」を防ぎたい場合には、磁気干渉防止シートという、干渉防げるシートも販売されているので、それをクイックペイのカードと他のICチップのカードの間に入れる様にセットすればOKです。

財布に入れてる他のICチップ付カード(クレカやキャッシュカード等)が原因の読み取りエラーをより防げます。

磁気干渉防止シートは「ICカード読み取りエラー防止シート」等々の名前の事もあります。

キーホルダー型やコイン型等もある

クイックペイが使える物には、カード型だけでなく、キーホルダー型やコイン型の物もあります。

なので、「支払いをめちゃくちゃ楽にしたい」目的でクイックペイ対応クレジットカードを作るならば、それらも選択肢としてあります。

これらはクイックペイ対応クレカならどれでも使えるというわけではなく、対応しているクレカを作成する必要があります。

キーホルダー型には、「ANA QUICPay+nanaco」と「スピードパスプラス」という物があり、対応クレカには以下の様な物があります。

ANA QUICPay+nanaco

ANA QUICPay+nanacoは、ANA JCBカードが対応クレカです。

ANA JCBワイドゴールドカードやANA JCB一般カード、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)等があります。

スピードパスプラス

スピードパスプラスは、以下の様なクレカが対応クレカです。

追記:スピードパスプラスは2019年6月30日をもって新規申込・再発行が終了となりました。

JCB CARD W、JCB CARD W plus L、JCBプラチナ、セディナゴールドカード、セディナカードクラシック、セディナカード、JCBゴールド、JCB一般カード、JCB GOLD EXTAGE、TOYOTA TS CUBIC CARD ゴールド、セブンカード・プラス等。

スピードパスプラスはエッソモービルゼネラルのセルフスタンド「エクスプレス」で割引価格で給油できたりっていう特典のある状態のクイックペイの形態です。

私はJCB CARD Wでスピードパスプラスのクイックペイを使ってます。

参考:スピードパスプラスのクイックペイの利用申込の方法

追記:これから先は、エネオスではEne Keyを使えば割引価格で楽に入れられます。クイックペイではないです。

コイン型

コイン型(QUICPayコイン)は、JCB発行のカード等です。

JCB CARD W、JCB CARD W plus L、JCBプラチナ、JCBゴールド、JCB一般カード、JCB GOLD EXTAGE、JCB CARD EXTAGE等。

スマホは磁気干渉防止シート

スマホに外ケース買って、外ケースに「カード入れられる様な商品」を貼り付ければ、一応スマホタッチ、でクイックペイ♪が使えるっちゃ使えます。

上述した「磁気干渉防止シート」という、干渉防げるシートも販売されているので、それをスマホとカードの間に入れたりして。

また、スマホのカードケースには付属品としてシートがついてる商品もあります。

ただ、クレカのICチップは「磁気に近付けない様にして下さい」みたいな注意書きがあるので、この方法は私はやらない様にしています。

自己責任という感じの使い方です。

まとめ

という事で、クイックペイは財布の中に入れたままでも払えるのか、についてでした。

まとめると、以下の様な感じです。

  • 財布の外側に近い所に入れて、生地等薄いなら大概払える
  • 店舗の読み取り機次第な面も。
  • クイックペイ用にケースに入れてそれごとタッチ
  • 財布をこれから買う場合は工夫して買う
  • キーホルダータイプやコイン型もある
  • スマホケースでも払えるけどこれは磁気の問題が出る(非推奨)

QUICPayを使う場合のおすすめのクレジットカードは、「JCB CARD W」や「Orico Card THE POINT」です。

スポンサーリンク