ローソンでポイントが貯まるポイントカードの種類はPontaカードとdポイントカードです。

どちらのポイントカードも、提示で税抜100円で1ポイントが貯まります。

で、ローソンはiDやQUICPayが使えます。

=PontaカードとiD又はQUICPayでの買い物で、チャージ作業ない電子マネー払いで便利に買い物してクレカのポイントがつき、ポイントカード分もポイント貯まってお得です。

この場合に貯まるポイントは、クレカのポイントと、ポイントカードのポイントです。

なので、ポイントカード面倒って事があるかもですが、ローソンではポイントカードを使った方が良いかと思います。

どっちを使うかは、ドコモじゃない方はPontaカードがクレカのポイントも使いやすくなるのでおすすめです。

対象商品はボーナスポイントも。

ローソンで売ってる商品はボーナスポイントが付く商品があり、これらを買う時にPontaカード又はdポイントカードを提示すると、そのボーナスポイントがもらえます。

単品の商品でボーナスポイントがつく商品もありますし、2商品の組み合わせでボーナスポイントがつく事もあります。

どの商品でボーナスポイントがつくかは、商品棚で確認できます。

また、ローソンのホームページでも確認できます。

ボーナスポイント対象商品|ローソン

また、ローソンストア100がメインなら更に使いやすいと思います。

ボーナスポイント商品|ローソンストア100

むしろ、ローソンストア100は購入等代金税抜200円あたり1ポイントなので、ボーナスポイント狙いで購入もありです。

後述するお試し引換券がお得なので。

ポイント付与対象外の商品も。

また、ローソンで売ってる商品を買ったら、全てでPontaポイント(又はdポイント)が100円につき1ポイントつくわけではなく、対象外の物もあります。

具体的には以下です。

お買上げポイントが付与されない商品・サービス|ローソンPontaカード|ローソンより引用

  • タバコ
  • ゆうパック
  • 収納代行(公共料金 etc)
  • Edyチャージ ※来店ポイントも付与されません
  • デジカメプリント ※来店ポイントも付与されません
  • コピー ※来店ポイントも付与されません
  • 切手・印紙・ハガキ・エクスパック500
  • 国際電話用、携帯電話用プリペイドカード
  • テレホンカード、QUOカード、Amazonショッピングカード
  • Yahoo!ゆうパック
  • ローソンチケット
  • 楽天トラベル
  • JTB
  • バイク自賠責
  • ローソン運転免許
  • 取次ぎサービス(漢字検定・QUO宅配取次・保険・学校検定)
  • プリペイドシート(国際電話用・携帯電話用・電子マネー)
  • 電子マネー・オンラインゲームID発行
  • 各種代金支払い(払王・Amazon・マルチペイメント etc)
  • インターネット受付支払いあり
  • インターネット受付支払いなし
  • キャッシングご返済・ショッピングお支払い・スマートピット

なので、これらの分は、ポイントカード分のポイントは付きません。

対象外と対象を混ぜてもOK

ポイントカードのポイント対象外商品と対象の商品を混ぜて購入してももちろんOKです。

自動的に対象の商品の額分には100円で1ポイントつきます。(ローソン又はナチュラルローソン)

貯まったポイントはお試し引換券がお得

Pontaカードに貯まったポイントや、dポイントカードに貯まったポイントは、Loppi(ロッピー)※で、お試し引換券で使うとお得です。
※店内にある機械。マルチメディア端末、というみたいです。

Loppi端末で、新商品のお試し的に、交換できるレシートを入手できるのですが、それの入手に必要なポイント数が割安なので。

私がよく使うのは、飲み物系です。

ペットボトル飲料500mlの新商品154円の引換券が60Pontaポイントとかで交換できるので。
(1Pontaポイントを約2.6円で使える。)

クレカのポイントをPontaにしたのもOK

使うPontaポイントは、クレカのポイントをPontaに交換した物もOKです。

ので、普段使いでどっかでクレカ使う→貯まったクレカのポイントをPontaにする→ローソンLoppiのお試し引換券で使う、とすると普段使いのクレカのポイントのお得度合いが変わります。

こうするには、Pontaに交換できるクレカじゃないとダメですが。

お試し引換券を使ってみて、便利に感じたり、ちゃんと交換できる頻度が高いと感じたならば、Pontaに交換できるクレカを作成しても良いと思います。

お得なので。

Pontaボーナスポイント分のポイントも合わせればお試し引換券に交換できる分のポイントはすぐ貯まります。

メインのコンビニがローソンだったり、職場の近くにローソンがあるって場合は、時期によっては行った時の月の飲み物代の大半を引換券でまかなうって事もできたりするので。

※交換できる商品は変化していきます。又、全国等での交換上限数があったりします。
ので、どの時期でも行った時に常に交換できるとは限りません。

iD又はQUICPayが使えて、Pontaポイントに交換できるクレカとしては主に以下の様な物があります。

Orico card THE POINTやOrico card THE POINT PREMIUM GOLD:iD&QUICPay(クレカとの一体型)
リクルートカードJCB:QUICPay
三井住友カード系(1ポイントを4.5Pontaポイント):iD
等々。

リクルートカード
三井住友VISAデビュープラス

dポイントに交換するには大体ドコモ契約が必要

dポイントに交換するには、大体ドコモの携帯回線が必要です。

交換時に「dポイントクラブ会員番号」と「携帯番号の下4桁」が求められます。

中には必要ないクレカもあるみたいですが私は携帯番号の下4桁が求められました。

ので、冒頭に記載した様に、ドコモじゃない方はPontaカードの作成がおすすめ、という事になります。

クレカのポイントをPontaポイントにするには、Web会員登録してれば、「Ponta会員番号」だけで済んで楽です。
(Pontaカードに記載の番号のみで交換作業済む)

まとめ

という事で、ローソンをまぁまぁ使うならPontaカードを使ってポイントを貯めるとお得です。

で、ローソンはiDやQUICPayが使えるので、便利に(チャージなし&決済速い&支払い間違いない等々)買い物ができます。

=ローソンは、Pontaカードと、iDQUICPayの併用でお得に便利に使えるコンビニです。

ローソンでのお試し引換券への交換の仕方については、「PontaポイントのローソンLoppiのお試し引換券での使い方」をご覧下さい。

ちなみに、ローソンでの電子マネー払いで読み取り機がタッチしにくい位置にあるって場合は、スピードパスプラス(小さめのキーホルダーでクイックペイ払いができる物&エッソ等で割引)を利用申請してクイックペイ払いすると支払いが楽にできます。

キーホルダータッチ、でOKで位置的にムズイ所とかも楽なので。

私は「JCB CARD W」でスピードパスプラスを使ってます。

また、iPhone 7以降を使っているならローソンは「アップルペイで。」って言えばPontaポイント貯めるのも支払いをするのも一回のタッチで済む仕様になりました。

=iPhone7以降なら「ポイントカード面倒」ってのがローソンでは解消された!

また、Pontaポイントではないですが、ローソンがメインのコンビニならdカードや、dカード GOLDはお得です。

この2つのクレカは、ローソンが3%OFFで、dポイントカード機能がついてて+1%、クレカ自体の還元率が1%です。

で、iDがカード一体型でついてます。

=dカードや、dカード GOLDかざしてiD払いするだけで、ローソンで計約5%還元のクレカ

dカード
dカード GOLD