MNPで携帯番号変えずにiPhoneから格安スマホ(Android)に変えるならば、LINEは引き継ぎというかログインするだけレベルです。

スマホを変える場合(特にiPhoneからAndroidへの変更の場合)、LINEに関しては結構心配になる事があると思いますが、ほぼ心配しなくてOKです。

ただ、見れなくなる(消える)物もあります。

消えるのは、トークルーム自体とコインです。

トークルーム自体が消えるって言われると結構ビビる感じがあるかもですが、「友だち」はそのままですし、「友だち」のトークルームの画面には何も変わらず、あなた、がいます。

いまいち分かりづらいかもですが、自分側のLINEのトークルーム自体が消えるだけ、です。

相手には自分がスマホを変えたかどうかも分からないです。何も変わらないので。
(退出しました、にもならないですし、メンバーがいません、にもならないです。)

LINEのその他の部分は変わらず残ります。

「友だち」も同じですし、アルバムに保存した写真、ノート、グループ、も、iPhoneの時と同様に使えます。

MNPの場合、電話番号が変わらないので(LINEの登録で使った番号同じなので認証がその番号ででき)、メアドとパスワードでログインするだけレベルで、iPhone→格安スマホ(Android)へのLINEの移行ができます。

なので、格安スマホにしたいけどLINEが心配って場合は、過度に心配せず乗り換えちゃってOKです。

格安スマホ(Android)が届いた後のLINEでやる事の流れ

格安スマホ(Android)が届いた後のLINEでやる事の流れは以下です。

Androidの「Google Playストア」アプリでLINEを検索する

→「LINE」アプリをインストールする

→AndroidでLINEを立ち上げる

→「ログイン」を押す。「新規登録」じゃない事に超注意
AndroidでLINEにログインする

→メールアドレス、パスワードを入力する
メールアドレスとパスワードをLINEで入力する

→「以前に使用していた端末ではLINEを利用できなくなります。またトーク履歴が削除されます。よろしいですか?」って出る。
OKを押す。
LINEで以前に使用していた端末ではLINEを利用できなくなります。またトーク履歴が削除されます。よろしいですか?と出て来る画面
以前に使用していた端末はiPhoneの事で、トーク履歴が削除されます、はトークルーム自体が削除されるって意味合いです。

ちなみに、この時iPhoneのLINEに「他の端末でログインされました~」的な通知が来ます。

→「電話番号認証を簡単に行うには、電話とSMSへのアクセスをLINEに許可してください。許可すると、認証時に電話番号と認証番号が自動で入力されます。」って出ます。

自分でLINEで使ってる電話番号を入力して、後の作業で届く「認証番号」を入力するのならば、今はしない、でOKです。私は、今はしない、で自分で入力しました。なんかヤだったので。
LINEの電話番号認証を簡単に行うには、電話とSMSへのアクセスをLINEに許可してください。許可すると、認証時に電話番号と認証番号が自動で入力されます。の画面

→電話番号を入力する

→SMS(メール)が「メッセージ」アプリに届く

→届いた認証番号を入力する
SMSで届いた認証番号をLINEで入力する画面

→「年齢確認をしない」をタップ※

→終了

LINEインストール→メアド・パスでログイン→SMSメールの番号入力→完了、なので、結構心配になる事があると思いますが、iPhoneから格安スマホ(Android)に変えてもLINEについてはあまり気にしなくてもOKです。

引き継ぎって感じでもなく、基本こんだけで済みます。

OSが変わらない時(iPhoneから新しいiPhoneにするって時等)なんかは、LINEの「引き継ぎ設定」をオンにするとトークルーム自体も残る今までと完全に同じ状態でLINEが使えるので、それを引き継ぎって呼びます。

今回は、OSが変わるので、ログインするだけのみって感じです。

LINEモバイルまたはYmobileにした方は年齢確認できID検索できる

LINEモバイルにした方の場合は「年齢確認をしない」の所で「LINEモバイルをご契約の方」と出て来るので、そこを押して利用コードを入力すれば、LINEの年齢確認を完了できます。契約情報から年齢が分かるので。

あとYmobileも年齢確認ができます。

年齢確認をするとLINEでID検索が可能になります。

LINEでID検索ができるのは、docomo、au、Softbank、の他にYmobileもでき、LINEモバイルもできます。

逆に言うと、キャリア以外でID検索をオンにしたい場合には、YmobileかLINEモバイルを選ぶ事になります。

データSIMを別途契約するのでもOKです。

一旦LINEモバイルのSIMカードを入れて、年齢確認を完了すればその後はそのスマホではID検索機能のオン・オフができる様になります。

で、音声SIMの自分が使ってる格安スマホ会社のSIMカードに入れ替えて使えばOKです。

LINEモバイルのSIMはタブレットに入れたり、もしくはiPhoneに入れれば手元に残したiPhoneでも外出先でネット接続ができます。

上記2つの格安スマホ会社だと、年齢確認の画面で、こんな感じで年齢確認を完了できます。ID検索が必要ないなら別に年齢確認をしなくてもOKです。
LINEモバイルやYmobileだとID検索可能

トークルーム自体は消えててかなりびびる

iPhoneから格安スマホ(Android)に変えると、トークルーム自体は消えます

LINEのトークの所を見ると、何もない状態になります。

自分のスマホ側では。

ただ、消えるけど、アルバムの写真は残ってるし、ノートも残ってます。

LINEで「友だち」になってる方もそのままです。

グループもそのままです。

相手はどうなってるのか?

相手のLINEは何も変わらず、変えた事すら分からない、通知もいかない状態みたいです。

私が変えた時も特に「スマホ変えたの?」とか「退出したの?」とかは、何も言われませんでした。

ただ単に、トークルームを削除したみたいな状態になります。

心配ならば家族や友人に協力してもらって、トークルームを削除して、家族や友人側の同じトークルームがどうなってるか確認すると心配事が減ると思います。

退出しました、や、メンバーがいません、が出んのか出ないのか実際に自分の目で見て分かるので。

残したいトーク内容(写真含む)はスクショやKeepやテキストデータ可

iPhoneから格安スマホ(Android)に変える際に、どうしても残したいトーク(LINE上でのやり取り)があるって場合は、一応前もってやれる事はあります。

一番簡単なのはスクリーンショットです。

長めのやり取りだと何枚にもなって面倒ですが、ただ、流れの見た目そのままで保存できるので一番楽ですし、一番完成度高い状態で残せます。

iPhoneでのスクリーンショットはホームボタンと電源ボタン同時押し等ででき、写真の所に保存されます。

トーク上にしかUPされてない写真はダウンロードしておく

また、トーク上にしかUPされてない写真は、iPhone→格安スマホ(Android)、で消えます。トークルーム自体が消える、ので。

なので、その写真を見れなくなるのが嫌な場合には、写真をダウンロード(写真上で長押しして選択)してiPhone自体に保存しておけばOKです。

トーク上ではなく、「アルバム」に保存してある写真はiPhone→格安スマホ(Android)化でもそのままです。

なので、何もやらなくてもOKです。(アルバムはグループトークで使えます。)

他には、Keepを使ったり(こっちはトークを残すというよりその文章1つを残すという感じです。)、テキストデータ化して保存しておく、って方法があります。

Keepの使い方

LINEのKeepの使い方は以下です。

  1. トークを開く
  2. 右上の下矢印マーク
  3. 「トーク編集」をタップ
  4. 「Keepに保存」をタップ
  5. 保存したいテキスト部分をタップしていく
  6. 右下の「保存」をタップ

Keepはただのテキスト(文字のみ)で保存されます。

テキストデータとして保存

LINEのトークをテキストデータとして保存する場合の流れは以下です。

  1. トークを開く
  2. 右上の下矢印マーク
  3. 設定
  4. トーク履歴を送信
  5. 「メール」だったり、「メモに追加」だったりを選ぶ
  6. メモの時は「保存」をタップ

メモは、iPhoneの最初から入ってるアプリの「メモ」への保存です。

保存したトークを見る時は、「メモ」アプリを開いて、「.txt」の部分をタップすれば見れます。

メールの時は、メールをタップして宛先をプラスマークから選んで、「送信」すればテキストファイルを送信できます。

iPhone→格安スマホ(Android)にするので、@gmail.comのアドレスに送信しておけばOKかと思います。

メモもメールもどちらも、ただのテキストの状態です。文字の羅列のみの状態

絵文字だったり写真だったりはないです。

ただ、一気にそのトークルーム全部の保存(文字のみ)ができるって点でメリットがあります。

という事で、MNPでiPhoneから格安スマホ(Android)に変える時のLINEの引き継ぎ系についてでした。

引き継ぎというかログインするだけレベルで、AndroidでLINEは使えます

で、トークルーム自体は消えます。

友だち、グループ、アルバム、ノート等はそのままです。

過去のトーク内容だけが見れなくなる(消える)って認識でOKです。(あとコインもですが。)

で、残したい、過去のトーク内容があるなら、スクリーンショット、Keep、テキストデータ化、等をやっとくって感じになります。

また、LINEに登録してあるメアドがキャリア(docomo、au、Softbank)のメールアドレスの場合には、@gmail.comや@icloud.comのメアドに変更しておく事にも超注意しておいて下さい。

iPhoneからAndroidに変えてもicloudメールは使えます

おすすめの格安スマホ会社

格安スマホ会社 △な所 他社と比較して
かなり良い部分
BIGLOBEモバイル 出勤・お昼休み・帰宅時の速度
シェアSIMにMNP転入するには
主SIMが音声SIMである必要がある
家族の名義変更なしで、
シェアSIMへMNP転入可能!
映画や各種施設、宿系などの、
優待・割引サービス
6GBが安い!
UQモバイル 2年縛り 無料通話込みで、割引額の大きい、
端末セットが割安!
出勤・お昼休み・帰宅時の安定速度の実績
LINEモバイル 繰り越し分はシェアできない ソフトバンク回線の速度
LINEがし放題&ID検索も可能
1GBが安い!
3GBは主要SNSもし放題
IIJmio 出勤・お昼休み・帰宅時の速度
シェアSIMへのMNP転入は
名義を合わせる必要がある
シェアできる最大枚数が多い
12GBの月額が安い!
ワイモバイル 2年縛り
おサイフケータイ機能の内、
「モバイルiD」は不可
出勤・お昼休み・帰宅時の速度!
10分かけ放題込みの端末セット
Yahooショッピングでの期間固定ポイント等

おサイフケータイにおすすめなクレカ

おサイフケータイで使う電子マネー おすすめクレカ
QUICPayモバイル JCB CARD W
モバイルiD Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
モバイルSuica エポスカードエポスゴールドカード

ビックカメラSuicaカード
nanacoモバイル セブンカード・プラス

スポンサーリンク